効果的な就職活動とは?

【内定への近道とは】

ここに一人の野球大好き少年がいます。

彼は、野球が大好きです。

友達と野球をする機会があまりないので

毎日、一人で素振りをやっています。

伊藤伸一

この少年は上達しますか?


本を読んで自分なりの練習をして、上達しますか?

時間がかかりますね。

短期に上達するには、客観的なアドバイスが必要です。

自分の何が間違っているのか?

自分に何が足りないのか?


客観的なアドバイスをもらい、自分自身が「間違い」「足りないこと」に気づいたとき、行動を修正し始めます。

 

⇒訓練⇒アドバイス⇒修正行動訓練⇒アドバイス⇒・・・・・目標達成

 

バッティングが上手になるには

①バッティング理論の理解

②バッティングのスイング

③構え

④テイクバック

⑤ステップ

⑥インパクト

の理解と実践が必要です。

当然②③④⑤⑥では、コーチから適切なアドバイスをもらい、

 

自己改善が必要です。

②③④⑤⑥はそれぞれ独立しているものではなく、同時に改善の必要が

あります。

 

コーチのアドバイスをもらいながら自己のフォームを改善し、練習試合等で

その成果を検証します。

 

就職活動も同じです。

①採用プロセスロジックを理解する。

 

②採用担当者は適性検査から何を見極めるのか?を理解する。
  自分の足りないことに気づき、学習を行う。

 

③採用担当者は性格検査から何を見極めるのか?を理解する。
  性格検査から自分の「強み」を知り、「強み」の発揮状況を知る。
  「強み」から「成功体験」は生まれます。

 

④採用担当者はエントリーシートから何を見極めるのか?を理解する。
  「強み」をエントリーシートでアピールします。

 

⑤採用担当者はグループディスカッションで何を見極めるのか?を理解する。ヒューマンスキル・コンセプチュアルスキル(論理思考・問題解決能力)を身に付ける。能力を証明します。

 

⑥採用担当者は面接から何を見極めるのか?を理解する。
「仕事に対する情熱」「会社との相性」「能力の証明」を面接官に伝える。

 

①を理解したうえで、②③④⑤⑥を「一貫したもの」として理解する。
この一貫性が必要です。

 

就活内定集中ゼミ各セミナーで就活生は、

キャリアコンサルタントのアドバイスをもらいながら、

不明なところは「質問」を繰り返し、 「気づき」のグループディスカッションを

通して「就職本来の意味」を理解します。

そのため、教室形式のゼミではなく、マンツーマン形式をとっています。

伊藤伸一

決して②~⑥は独立していません。ひとつの「一貫したもの」なので、短期で集中して勉強します。

 

①~⑥を理解し、自分の「考え方」「行動」を変えることで

本来、自分が持っている「能力」を100% 採用担当者に証明できるのです。

 

そのためには、Face to Faceのコミュニケーションによって証明する「訓練」が必要です。

am500_pe016

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme