就活生のためのコンピテンシー理解

【就活生のためのコンピテンシー理解】

Wikipedia
この手法は、1970年代からハーバード大学の心理学者マクレランド教授がMcBer社とともに、1973年に学歴や知能レベルが同等の外交官に業績の差が出るのはなぜかを研究し、知識、技術、人間の根源的特性を含む広い概念として発表された。
 
コンピテンシー(competency)の定義としては従来、単に行動ディメンション、基準、特性、行動傾向を指すに過ぎなかったが、ボヤティズ(Boyatiz,1982)によって次のように定義された。
 
「コンピテンシーとは、組織の置かれた環境と職務上の要請を埋め合わせる行動に結びつく個人特性としてのキャパシティ、あるいは、強く要請された結果をもたらすものである」とするもの。
また、似たような定義としてEvarts(1987)がある。
「コンピテンシーとは、職務や役割における効果的ないしは優れた行動に結果的に結びつく個人特性である」とするものである。
1990年代にアメリカにおいて人材活用の場に取り入れられたものである。
 

コンピテンシーとは、

難しく書かれてありますが
 
マクレランド教授がとった手法は簡単に言うと、
 
・明白に業績を上げている人をサンプルにした。
 
・「成功と不成功の分かれ目となった出来事において、ハイパフォーマーが
 どのようなことを感じ、どのようなことを実施したか」を抽出した。
 
・明らかにされたハイパフォーマーの業績につながる要因をまとめたとき
 共通した「行動」が抽出された。

このハイパフォーマーに共通した「行動」が「コンピテンシー」

いわゆる「優秀な人の行動規範」です。
 
内定集中ゼミ211

業績を左右するのはコンピテンシーで、知識やスキルではない。

いくら知識、スキルがあっても活用していなければ業績につながらない。
 
コンピテンシーの開発が進むまでは、業績の差は、
 
生まれ持った才能によるものだから、後天的にはどうしようもないとあきらめられてきた。
 
しかし、コンピテンシーの研究が進み、知識・スキルとは別の要因が
 
存在することが明らかになり、それが明確に定義でき、観察でき、
 
測定できるものと確認されました。
 
それらは、「物事の考え方」「仕事に対する姿勢」「こだわり」「行動特性」などです。

 

 

コンピテンシー
 
優秀な社員は同じような行動をとっています。
 
誰から教えられたものでもなく、
 
「成果を出すために最も効果的な行動を行う」ということを考え

 ⇒実施する⇒うまくいかない⇒別の方法を考える⇒実施する
     ・・・・・・・成功
 
このPDCAサイクルを回した時、「原則」というべき共通の行動に行き着いた感じです。
 
PDCA
 

優秀な人は、

・定時に出社し、定時に帰る。
 
・時間、お金の効率を常に考えて行動している。
 
・知的好奇心が強く、新しいことを常に自分から取りにいき吸収している。
 
・デスク周り、書類など整理整頓ができている。
 
・「忙しい」と言わない。
 
・趣味が多く、深い。
 
数え上げたらきりがありません。
 

それに比較して、そうでない人は、

・「忙しい」を連発している。
 
・会社や上司の愚痴を言っている。
 
・これまでのやり方に固執している。
 
・デスク、書類が乱雑。
 
・必要な書類がすぐに取り出せない。
 
・締め切り間際になって仕事に取り組んでいる。
 
これも数え上げたらきりがありません。

ここには「コンピテンシー発揮」のわずかな差があるだけです。

多くの社員が、
 
「このわずかな差」を理解し、すぐに行動を起こすことによって
 
「優秀で活躍する人材」に変わっていくのを目にしてきました。
 
・評価会議での評価者のコメントを聞き
 
・「うまくいっていない人」への直接のコーチングを行い
 
・私の直接の部下、延べ5000人へのトレーニングから得たのが「わずかな差」です。
 

皆さんも思い出してください。

 

運動のできるやつは、同じような行動を行ってましたね。

 

頭の良いやつも、同じような行動を行っていましたよね。

 

これから社会人として活躍する人材にも「原則」と呼ばれる

 

共通した行動規範があります。

 

その行動だけにフォーカスすると、「本当にそれを行うと成功するの?」と

 

多くの人は思いますが、これらの行動規範には、「なぜそれを行うのか?」

 

という「大原則」があります。

 

この「大原則」を理解すると、コンピテンシーの発揮サイクルが回り始めます。

 


★なぜ、時間・お金を効率よく使うのでしょう?

 

★なぜ、デスク周りが整理整頓されているのでしょう?

 

★なぜ、知的好奇心が強いのでしょう?

 

過去の経験から学んでいる「効果的に成果を出す」成功の秘訣がここにあります。

スライド70

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme