大阪で集団討論の練習をする

大阪で集団討論の練習をする

公務員採用では、集団討論を行うことが多く、
民間企業では、グループディスカッションを行うことが多いです。

その違いは何か?
集団討論は、主に
「行政の抱えている問題の解決策」
「治安に関わる問題の解決策」
「災害対策問題点の解決策」
など、住民が快適に生活できる問題の解決策を討論します。
具体的に課題は
「集中豪雨被害を最小限にするための行政対策を考えよ」
「オレオレ詐欺を撲滅する対策を考えよ」
「待機児童をゼロにする具体的な施策を考えよ」
そこから
「問題解決力」
「リーダーシップ」
「まとめる力」
「コミュニケーション力(住民対応力)」
を確認しています。

グループディスカッションは、主に
「経営戦略に関すること」
「新しい発想を考えること」
「お客様満足度向上のための企画」
など企業が成長していくために必要なことをディスカッションします。
具体的には、
「スマートフォンに新しい機能をつけるとしたら何か」
「冬季、アイスクリーム市場規模を倍にする戦略を考えよ」
「新入社員の早期退職を減らす入社式を考えよ」
「当社の新商品を考えよ」
そこから
・企業が成長していくに必要な知識・知恵を持っているか
・リーダーシップがあるか
・まとめる力があるか
・影響力はあるか
等々を確認しています。

ほとんどの人は、
集団討論やグループディスカッションを行ったことが
ないようです。

海外の大学のように
・ディベート
・ディスカッション・・・のカリキュラムが
ほとんどないのが現状です。

集団討論やグループディスカッションは
・何をやるべきか
・どんな意見を言ったらよいのか
・役割は何をしたらアピールできるか
・どんなことをやるとマイナスポイントなのか
を理解して行動することが
高得点につながります。

この「何をやるべきを」を教えるのが
集団討論1日練習会です。

集団討論1日練習会に参加した方からの
内定お礼メールを読んでください。

大阪の淀川区民センターにて
毎月、1日練習会を行っています。
詳しい案内はこちらにありますので
見てください。

https://www.reservestock.jp/page/event_series/2718

集団討論1日練習会は、2日目無料なので
2日間で14回の練習が行えます。

経験値が能力を超えて
アピールが出来るようになりますよ。

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme