京都府庁の集団討論練習をする

京都府庁の集団討論練習をする

過去の集団討論課題

平成24年度

課題:「エネルギー政策について」
関西圏においては、今夏は昨年以上に厳しい電力状況となることが見込まれ、電力の供給・需要のあり方について様々な議論がなされています。我が国のエネルギー政策の現状と課題並びに国及び京都府の果たすべき役割についてグループとしての意見をまとめてください。

平成25年度

課題:「ソーシャル・ビジネスの支援について」
地域が抱える様々な課題を解決するためには、行政の役割はもちろん、地域住民の率先した取り組みが大変重要なことから、京都府では、地域住民の主体的な活動を支援する「地域力再生プロジェクト」に取り組んできました。

平成26年度

課題:「京都府の観光誘客について」
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、た くさんの外国人観光客が日本を訪れることが予想されています。このような中、外国人観光客の京都府内への観光誘客をさらに推進するために、どのような取組が効果的であると考えるか、グループと しての意見をまとめてください。

平成27年度

課題:「京都ブランドの更なる発展に向けた取組について」
京都府域において育まれてきた様々な「京都ブランド」は、今や、世界から高い注目を集めるなど確固とした地位を築いています。この「京都ブランド」を形づくっている多様な要素について考え、「京都ブランド」を将来にわたって維持し、更に発展させていくために、どのような課題があるか、また、それに対して、どう取り組んでいくべきかについて、グループとしての意見をまとめてください。

さらに、こうした活動にビジネス的な手法を取り入れ、自立的・継続的で地域の人たちの活躍の場となる京都式ソーシャル・ビジネスとして発展させていこうとしているところです。
我が国の地域社会の課題を踏まえ、地域において、どのようなソーシャル・ビジネスが期待できるか、また、持続的に発展させるためには何が必要かについて、グループとしての意見をまとめてください。

平成28年度

課題:「京都における震災への備えについて」
本年4月に熊本地震が発生し、九州地方で大きな被害が生じましたが、府域でも活断層の存在が確認されるなど震災への対策の必要性が指摘されています。歴史的な建造物や文化財の蓄積、有数の大学・研究機関等の立地、世界的な観光都市としての機能、地域に根付く自治や助け合いの精神など京都の多様な特性に着目し、過去の震災の教訓も振り返りながら、しなやかで持続可能な京都を構築していくため必要と考えられる対策について考え、グループとしての意見をまとめてください。

 

毎年、京都のことについての課題が多いようです。
次に予想されるのは、
・京都の集中豪雨
・オリンピックにからめた観光客増やす施策
・京都のスポーツ振興
・京都高齢化に対する対策
・・等々

集団討論で勝つためには、
予想される課題に対し
・京都府の現状を調べる
・他自治体の成功事例を調べる
等、対策をしておくと
京都府の課題が出されたときに
的確な発言ができると思います。

「何をやるべきを」を教えるのが
集団討論1日練習会です。

集団討論1日練習会に参加した方からの
内定お礼メールを読んでください。

大阪の淀川区民センターにて
毎月、1日練習会を行っています。
詳しい案内はこちらにありますので
見てください。

https://www.reservestock.jp/page/event_series/2718

集団討論1日練習会は、2日目無料なので
2日間で14回の練習が行えます。

経験値が能力を超えて
アピールが出来るようになりますよ。

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme