YG性格検査:気分の変化

YG性格検査でわかること:気分の変化
気分の変化って何?

本番のYG性格検査では、
0点~20点までの点数にて性格判断されます。
点数が高い低いが、良いか悪いかの判断ではなく、
点数の高い低いで、
気分の変化が小さい⇔気分の変化が大きいのどちらの傾向が強いか?、
この部分が分かります。

気分の変化点数が低いと
(グラフ左寄り)

・冷静である
・冷たい感じがする
・感情に動かされない
気分の変化点数が高いと
(グラフ右寄り)

・感情に左右される
・怒ったり、涙ぐんだりする
・理性を失うときがある

 

公務員や警察官を考えると、
どちらが良いか???
明確ですね!

 

ただし、
行き過ぎると・・・
ロボットのような事務的な印象もありますね。

 

もし、性格検査で「気分性」が0点の方が、面接を受けると・・・
当然、冷静なので・・→緊張していない
感情が出ないので・・→圧迫面接にも動じないよね
ここの性格検査と面接内容にギャップがあると・・・・

 

過去、YG性格検査対策レッスンを多数の方が実施し、内定を取っていく方々に共通プロットエリアがあるのが分かりました。(私の個人的な見解です。)
警察官の場合
点数ではなく、パーセントタイルと言われる標準偏差上で0%~10%程度が多い、しかし、通常の回答時、笑顔が出せる。
市役所職員の場合
標準偏差上で10%~20%程度が多く、0点のような冷たい印象を与えない。また、笑顔が常に出せている。
県庁職員の場合
標準偏差上で5%~30%程度が多かったです。

 

この気分性は、面接で確認できます。
気分性が強いと性格検査で出ているのに、不安そうな表情をしていると・・・
圧迫面接を受けた時に、ビビった表情をしていると・・・

面接官は、
「何か違うかも・・・」と判断し始めます。

 

気分性の弱い人ほど、
その弱さを採用担当者にばれたくないため、
「気分性が強い」と回答します。

 

その結果、
気分性検査結果は低いのに、面接では偏差値中間値くらいの態度・表情・しぐさを出してしまいます。

 

このギャップを感じた瞬間、
「何かが違う・・・」と面接官は、判断します。

 

このYG性格検査を
1時間20分個人レッスンで受けて、改善策のコーチングを受けませんか!
対面のみの実施になります。
大阪、名古屋、横浜の1時間20分を受講してください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1084
面接対策セミナーでもYG性格検査を行っています。

 

 

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2020 Frontier Theme