集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点①

集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点

面接対策

採用選考において、受験者側から何をしていけばよいのか???

また、個人面接の一次面接、採用担当者面接、役員面接の違いを私個人の見解で述べていきます。

 

民間企業と公務員の選考では、少し見極めることが異なりますので、最初にこの部分を述べていきます。

 

民間企業面接倍率として、100~200倍くらい、
公務員として、約3倍くらいが多いです。

この違いは、受験者人数の違いもありますが、求める能力等の違いもあります。

 

民間企業の場合

民間企業の面接倍率を100倍とし、
ある企業が新卒を100名採用予定と仮定すると
100名採用×100倍=10,000名が受験

この1万人の面接を人事の採用担当者10名が行うことを考えてください。
民間企業では、1回の面接で30分~40分かけることが多いです。
入れ替えの時間も含めて、約50分かかると考えると、1日に個人面接ができる最大人数は、準備や片付けを考えると約8名くらいになります。

 

良い人材を集めると考えると、個人面接を始めて、4か月間くらいには終わりたいと考えます。

 

一人の人事面接官ができる面接回数は・・・
1か月に働ける日数が22日
4か月×22日×8名=528回の面接が限度です。
これ以外の会社説明会の開催や事務的な仕事もありますので、実際に面接ができるのは15日くらい。
もう一度計算すると
4か月×15日×8名=480回の面接が限度です。

 

10名の人事面接官ができる面接回数が上限
480回×10名=4800回

 

1万人の受験者を全回、人事面接官では・・
面接できませんね。

 

また、面接は1回のみでなく複数回あります。

ここを考えると、初期選考においては、優秀な社員を集め、面接を手伝っていただく形が必要になります。

 

その初期選考の多くが、集団討論、集団面接になります。

 

集団討論、集団面接の採用担当者側のメリットは、
①専門的な質問スキルがなくても選考が進めるのがよい
集団面接では深掘り質問が少なく、定型化できる。
②受験者を比較することから、選びやすい
グループ8名から3名を選ぶ・・・等の方法であれば、1番と2番と3番を選ぶだけなので、絶対指標がなく、相対指標にて選考ができる。

 

この部分を考えて、対策をとることがポイントです。

 

初期選考のため、十分な準備ができていない就活生が多い。
そのため、
他の就活生の「前に、前に・・・」と準備をするのがポイントです。

その理由は、

優秀な人材は、面接の練習をしなくても、本番経験から面接レベルを上げることができます。

その優秀な就活生に勝つためには、彼らが準備していない時期までに、面接レベルを上げることです。
その結果、

初期選考において、緑色の面接レベルを出すことができれば・・・
早期に内定を獲得することができます。

 

次は、具体的に集団面接から見極めようとしていること⇒その対策について述べていきますね。

 

 

次の記事

集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点②
集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点③
集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点④

 

 

 

 

ユーチューブで面接質問の動画を多数用意!
警察官・消防官・国家公務員・大学職員など
ユーチューブチャンネル 伊藤内定ゼミ

  |