最終面接対策

最終面接対策について

最終面接の内容は、企業によって違います。

●ある企業の最終面接は「グループディスカッション」

 面接官は「社長」

 最終面接まで勝ち抜いた学生の中から、グループディスカッションを通して、

 「コミュニケーションスキル」「論理的思考」を判断します。

 難易度は高い。

 

●ある企業の最終面接は「プレゼンテーション」

 あるお題に対しての自分の考え・結論を、役員に対して20分間のプレゼンを

 行った後、質疑応答が20分間あります。

 準備をしっかりと行うことができれば、難易度は高くない。

 

●役員面接

 前回の選考までにおいて、「活躍する人材の証明」確認は終了しています。

 あとは、「相性」「情熱・志望動機」の確認が多いようです。

 趣味などの雑談になる場合もあります。

 

この最終面接についていは、「みんなの就活」からの情報を得てください。

傾向が掲載されています。

 

この傾向から「対策」を練ってください。

関連記事

面接人気の記事

【面接だけで能力を見極めることができるのか?】 

【面接のポイント メラビアンの法則】

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

【模擬面接で気になったこと】

【面接の結果に悩んでいる就活生へ】

【面接のあがり症について】

【客観的なフィードバックの重要性】

【面接質問の意図は?】

【人間はロジックだけで動いているわけではない】

【就活 面接 質問】

【「共感力」⇒面接でどうやって見極める?】

【面接でアピールする行動力とは?】

【志望動機一貫性の確認】

【面接における「第一印象」の作り方】

【採用担当者が考える「チャレンジ精神」】

【就活の自己レベルを確認する。】

【面接スキルの問題改善コンサルティングを受ける】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【「適性検査」と「面接」の一貫性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接の一貫性は何か?】

【面接における「第一印象」の作り方】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接スキルの「真の問題点」特定に向けて】

【技術者が持つべき能力:問題解決力】

【技術者が持つべき能力について】

【何かを伝えるには、話すことが必要です。】

【採用面接 ボイストレーニング】

【面接回答時の変な話し方】

【面接回答時の変な顔の動き】

【面接が1分で決まるわけ】

【面接時の目つきについて】

【コミュニケーション能力の高い人に共通すること】

【内定レベルの3ステップ】

お礼a_btn045

 

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme