就活生が理解すべき「優秀な部下」事例①

【優秀な部下事例①】

私の営業時代、アルバイトを含めると延べ6000人以上の部下がいました。
その中でのいくつかの「優秀な人材」の行動について書いていきます。

彼は、ある店舗の「責任者」

彼と会うのは、1週間に1回くらいでした。

彼に会うと彼は最初に

「報告が2件、提案が1件、相談が1件あります」

「今、3分くらい時間いいでしょうか?」

「最初に悪い報告です」

 (彼はいつも 4つのフレームで報告してくれます)

 

 

「○○○○○○ということが起こりました。・・・・・・・・・・・・結果

 それは○○○○○○ができていなかったからです。・・理由
 ○月○日までに改善するため・・・・・・・・・・・・・・・・・期限

 ○○○○○○という改善アクションを予定しています」・対策

GUM02_PH03100

 

非常に分かりやすい説明です。

①現状の説明

②現状のことが起こった「原因」「状況」「経緯」の説明

③期限を切った「理想:ゴール」の説明

④そのゴール達成のためのアクションプランの説明

を簡潔に述べています。

 

また、聞き手が分かりやすいように

①今から話をするのは約3分⇒その時間があるか確認している。

②これから話す内容を・報告2件・提案1件・相談1件と大枠で相手に理解させている。

③報告、提案内容も簡潔にポイントだけ話している。

最後の相談についても、簡潔に述べ

「相談内容について詳しく説明したいので今日明日で時間30分程作っていただけませんか?」

 

 

ビジネスでは、短い時間の中で「言い手」の伝えたいことを

100%相手に「簡潔に」伝えるか⇒重要な能力です。

このような「簡潔なまとめ方」は、エントリーシートの文章力から見極めることができます。

 

お礼a_btn045

伊藤伸一

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme