自己分析で就活力アップ

 

自己分析で就活力アップ

就活のポイントは「自己分析」です。

なぜ、自己分析が大事なのか・・・というと。

 

①自分の性格が分かるからです。

 ・行動力があるのか

 ・目標を持っているのか

 ・社交性があるのか

 自分の性格に合う仕事を見つけるには、性格を知る必要があります。

 

②自分の価値観が分かります。

 ・高収入でもやりたくない仕事

 ・低収入でもやりがいを持って働ける仕事

 ・譲れない価値観

 自分の価値観が理解でき、高収入でもやりたくない仕事が分かります。

 

③モチベーションの上がり方が分かります。

 ・褒められるとモチベーションが上がるのか?

 ・自由に活動できる環境だと、モチベーションが上がるのか?

 ・競争に勝つとモチベーションが上がるのか?

 自分のモチベーションの上がり方、下がり方を理解することで、就活モチベーションをコントロールできます。

 

④得意なことが分かります。

 ・何が得意なのか?

 ・他人より何が優れているのか?

 いまの自分にできることが理解できます。

 

⑤自分の「強み」が理解できます。

 ・誰にも負けない「強み」は何かのか?

 ・「強み」が発揮された「成功体験」は何か?

 ・「強み」を活かすとどんなことができるのか?

 将来的に成功体験に結びつく「強み」が理解でき、強化できます。

 

⑥自己分析を進めると「やりたい仕事」「できること」が明確になります。

 ・生涯の仕事として何をやりたいのか?

 ・やりたい仕事に対して何ができるのか?

 ・やりたい仕事に対して不足している能力は何なのか?

 やりたい仕事に向けて方向性が明確になり、行動を起こせるようになります。

 

⑦企業が求めることを「企業研究」から探り、企業とのマッチングを探します。

 ・企業の求める人材と自分とのギャップは何か?

 ・5年後、10年後の働き方はどんな感じなのか?

 ・能力のギャップを埋めるためには何が必要なのか?

 自分の中の「やりたいこと」「できること」と

 企業の「求められること」の3つの円の大きな重なり⇒適職を見つけます。

 

①~⑦までを自分ひとりだけで行うのは大変です。

 

なぜなら、自分自身に「問い」を投げかけないといけないからです。

 

・どんなときに楽しかった?

・小さい頃何になりたかった?

・何をやっているときが幸せと思う?

・どんなときに褒められました?

・いやなことはどんなことですか?・・・・・・・・・・

 

この自己分析をしっかりと行えば、就活は50%終わっています。

 

面接対策にもなっています。

 

自分の言葉で、自分のことを面接官に伝えることができます。

 

自己分析を始めませんか?

 

自己分析をじぶんで行うやり方をアメブロで説明しています。こちらへ

お礼a_btn045

Google

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme