一番厳しい競争相手

 

一番厳しい競争相手

企業で働いていたときの一番の競争相手は自分でした。


社内にライバルがいる。と多くの人は言います。

私の競争相手は「自分自身」でした。

過去の自分を乗り越える事ほど、大変なことはありません。

今年は今年で精一杯がんばります。

すると翌年は、その「精一杯がんばった自分」を乗り越えなければいけません。

ここには試行錯誤や工夫、知識の学習、新しいチャレンジが必要です。

時として「弾切れ」になります。

弾切れになったときは、次の弾を仕入れなければいけません。

常に新しい弾を仕入れていないと的に的中しません。

他人と比較すると、

ライバルの異動により、何もしないのにトップに踊り出たり、

ライバルの動向が気になります。

ライバルに勝つことがゴールになり、本来の自分のゴールを見失います。

事業をやっていると、自分のやっていることが合っているかどうか・・・

確かめたくなります。また、周りの動向も気になります。

時々立ち止まって

「本来どうあるべきなのか?」

「そのゴールとのギャップがあるとすれば、何をすべきなのか?」

を考えています。

転職も同じです。

「働くこと⇒どうあるべきか?」

「何が自分に足りないのか?」

価値観に合わない仕事選択は、残念な人生を送ってしまうことになりかねません。

転職も他人と比較しないで、

自分自身を見つめなおし、仕事を探して欲しいと思っています。

これからの人生

高収入だがやりたくない仕事を続けるのか

低収入だが充実してやりがいのある仕事に就くのか

よく考えて転職活動を行ってくださいね。

お礼a_btn045

Google

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme