模擬面接個人セッション

 

模擬面接個人セッション

面接本番前に、模擬面接を受講しませんか?

こんな方に最適です。

・面接で失敗したが、何が原因か分からない方

・次の面接では失敗できない方

・面接が苦手な方

・あがり症な方

・論理的な回答を勉強したい方

・自分の面接欠点を知りたい方

 

内容

・25分 本番と同じ模擬面接を行います。

 25分リキャップを行います。

・ビデオ撮影した動画を元に、問題点を抽出します。

・問題点の解決方法についてコンサルティングを行います。

 

受講のメリット

・自分のクセが理解できます。

・会話のキャッチボールが理解できます。

・論理的な回答できているか確認できます。

・自分の弱点が理解でき、解決策アドバイスをもらうことで、訓練により問題解決に繋がります。

 

模擬面接:参加者の声(新卒)

・自分が「だらだら」と回答しているのにショックです。

 いかに簡潔に回答できるかについて練習します。

 

・瞬きの回数が尋常でないのに驚きました。

 自分では緊張していないと思ったが客観的に見ると一目で分かります。

 

・台本を作っていたところは、思い出そうとして目が泳いでいますが、

 台本を作っていないところは、自分の本音が出ているので自然な会話でした。

 

・エントリーシートの質問対策をしていなかったので、質問に十分な回答ができませんでした。

 面接官の突っ込むところが理解できました。

 エントリーシートを書く前に受講すればよかった。

 

・質問への回答中に自分のクセがこんなに出ているとは思わなかった。

 特に顔が上下に揺れているのにはびっくりです。練習して直していきます。

 

・客観的に自分の面接ビデオを観て、「共感」が足りない事を理解しました。

 「心」に訴える話し方を練習します。

 

・志望動機が「薄っぺら」なことが分かりました。

 面接官の掘り下げた質問に答えられない。準備不足を感じました。

 

・「志望動機」「入社意欲」を確認する面接官の質問意図が分かりました。 

 準備が不足していました。

 再度、企業ホームページを見て勉強します。

 

・結論⇒根拠の回答ではなく、理由をだらだらと述べて最後に結論を言っている自分が分かりました。

 意識して回答するようにします。

 

・過去2回の模擬面接の指摘事項を改善したら、面接を通過するようになりました。

 一番気をつけたことは、「ゆっくり話す」「簡潔に話す」ことです。

 次の面接もがんばります。

 

・エントリーシートの「やりきったこと」に一番大事なことが書かれていませんでした。

 面接では、この部分を伝えて「能力」を証明しようと思います。

 

・自分の面接動画を観て感じたのは、「情熱が感じられない」ことでした。

 もっと気持ちを込めて話すようにします。

 

・性格検査の結果を面接でどのように使うのか理解できました。

 

模擬面接:参加者の声(中途転職)

・過去、なぜ不合格になったのか・・その理由が分かりました。

 

・面接官が何を知ろうとして質問をしているのか。意図が分かりました。

 

・性格検査から自分の欠点が分かりました。

 過去の面接でこの欠点の部分を確認する質問が多かったことを思い出しました。

 反証できるように対策を練ります。

 

・事前に考えていただいた面接官の質問が多く出ました。

 自分の考えをはっきりと言う事ができよかったです。

 

・模擬面接質問に最初は答えられませんでした。

 数回の受講で頭の中が整理できました。

 ありがとうございます。

 

・今の仕事から逃げている自分が理解できました。転職について考えるよりも

 今の仕事で活躍することを考えます。ありがとうございました。

 

模擬面接個人セッションについて詳しくは下記より

http://www.reservestock.jp/page/event_series/4859

お礼a_btn045

Google

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme