マズローの5段階欲求説

【マズローの5段階欲求説】

人事研修において必ず説明する理論です。
人間の内面的欲求は5段階に分かれており、低次元の欲求が満たされると
より高次元の欲求を満たそうとする理論です。

 


第一段階:生理的欲求
 食べる、寝るなど生きることに直結した欲求

第二段階:安全欲求
 危険等から逃れようとする欲求

第三欲求:帰属欲求
 集団への帰属・愛情を求める欲求

第四欲求:尊厳の欲求
 他人から認めてもらいたいという欲求

第五欲求:自己実現の欲求
 自分の進むべき方向に進もうとする欲求
 自己啓発・チャレンジ・・・自分の世界観、価値観に基づく

数百年前まで人間は「飢餓」という第一の生理的欲求を満たそうと努力してきました


今の世の中、第一~第三の欲求まで満たされている人が多い。

 

企業の中では、第四の欲求を満たそうと皆が競争をしています。
給与が上がるより、上司の一言「がんばってくれてありがとう」のほうがモチベーションが上がります。
給与が上がるより、会社からの一枚の「表彰状」のほうがうれしいと感じます。

 

モチベーションを大事にしている企業を探して欲しいと思っています。


社員が生き生きと働いている企業は、このモチベーションを常に与えています。
質問のときにぜひ聞いてほしいと思います。
「御社では社員のモチベーションアップのためにどんなことを行っていますか?」

やる気

 

伊藤伸一

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme