「退職理由」「志望動機」「なぜ、当県警なのか」を確認

   面接で重要視すること

警察官採用面接で重要なポイントは、
「退職理由」
「志望動機」
「なぜ、当県警なのか」

★警察官として採用したくない人材
・警察官としての自覚の無い人
 ⇒ひとりの不祥事が警察官全体のイメージを壊します。

 

・警察官としての「志」の無い人
 ⇒どんな状況下でも住民を守り、悪と対峙して欲しいから

・ストレス耐性の弱い人
 ⇒たった一人で凶悪犯と対峙できない可能性があるから

・中途の場合、今の仕事から逃げている人
⇒警察官の仕事から逃げる可能性があるから

・リストラがない・・・公務員と思っている人
⇒悪と対峙する「志」が感じられないから

 

★警察官として採用したい人材
・強靭な精神力を持っている人
・強靭な体力を持っている人
・正義感の強い人
・自分に厳しく、自分を律することができる人
・警察官として命をかけて住民を守りたいと思い、行動できる人

 

以上を確認するために
「なぜ、今の仕事を辞めてまで、警察官になりたいのですか?」
「警察官になりたいと思い始めたのはいつからで、なぜですか?」
「なぜ、当県警で働きたいのですか?」
この3つの質問を重ねれば確認できます。

 

「なぜ、今の仕事を辞めてまで、

 警察官になりたいのですか?」

新卒の場合、自分の思いを伝えてください。
中途の場合は、説得性が必要です。
・あなたの仕事の価値観は何ですか?
・仕事のこだわりは何ですか?
・今の仕事では、そのこだわりは実現できませんか?
・そのこだわりは、警察官の仕事で実現できるのですか?
・今の仕事についてガッカリしたことは何ですか?
・今の仕事上で解決したい問題はありますか?

 

これらの質問から
上記の★採用したくない人材なのか? 
★採用したい人材なのか?

探っていきます。

 

今の仕事を退職してまでも警察官になりたい・・・・というストーリーが必要です。
模擬面接を実施して、この「退職してまで警察官になりたい・・・」という「思い」を十分にアピールできていない人が多いと感じます。

 

 

「志望動機」
「志望動機」の中には、
・警察官になりたいという「志」「能力」が必要です。
・私こそが警察官に向いている・・・・というマッチングも必要です。
・消防士・自衛官・他の公務員ではなく、警察官になりたい・・・という理由も必要です。

 

この「志望動機」を聞けば、
・どんな「志」なのか
・なぜ「警察官」になりたいのか
・どんな仕事に就きたいのか
・どんな警察官になりたいのか
全てのことが分かります。

 

この「志望動機」を聞いた後、
深堀り質問を重ね、本当の「志望動機」を探っていきます。

 

納得できたときには、次のステップに行きます。
次のステップは、警察官として活躍できるかどうか・・・を見極めます。

 

 

「なぜ、当県警なのか」
その土地で生まれ、その土地で育ち、そこの県警警察官を希望している場合、問題はありません。
応募者の中には、一度も住んだこともない県警警察官に応募している方もいます。
「なぜ、当県警なのか」に答えられなければいけません。
ここには、その県警を選んだストーリーが必要です。

 

他にどこの県警を受験していますか?
こことの整合性と一貫性も必要です。

 

★採用担当者が確認していること

警察官面接

◆どこから情熱を判断するのか?

「志望動機」から情熱を確認します。
①なぜ警察官なのか?
②なぜ、当県警で働きたいのか?
③なぜ、前職を辞めたのか?

①と②は新卒ならしっかりと述べなければいけません。
①と②と③の3つを転職組は述べなければいけません。
これを1分以内に回答する必要があるのが大変です。

 

面接官を納得させる回答が必要です。
・なぜ、県庁職員。市役所職員ではないのか?
・なぜ、消防職ではないのか?
これを質問されたら・・・ダメですね。
質問をさせない回答が必要です。

 

◆面接官が次に確認したいのは???
・どこの部で働きたいのか?
志望動機との一貫性を確認します。
どの部で働きたいのか・・・・・
ここには応募者の「志」があります。
ここを具体的に40秒以内に説明する必要があります。

 

◆どこから相性を判断しているのか??
・クレペリン検査
・YG性格検査
これらの性格検査から、警察官として活躍するか?仮説を立てます。
ただし、うそをつくことはダメです。
面接時の態度、しぐさ、表情と性格検査は一致しています。
理想の警察官に合わせ、自分自身を変えていく必要がありますね。

YG性格検査

・第一印象がポイントです。
警察官としてふさわしい態度、表情、しぐさなのか?
この第一印象を与えるポイントがいくつかあります。

面接対策ポイント

 

◆最後に確認するのは「能力」です。

グループディスカッション

基本的に求めている能力は2つあります。
一つは「論理的な判断力」
二つ目は「コミュニケーション力」です。

この二つの能力を確認するポイントは
①結論と根拠をしっかりと回答できるかどうか
②第一印象をしっかりと与えられるかどうか

メラビアンの法則

 

面接のポイントがあります。

①採用担当者の見極めているポイントを理解する
②面接カードの完成度を上げる
 ⇒なぜなら、質問は面接カード中心にされるからです
③鉄板質問の回答を面接官が納得いくものにする

 

 警察官面接対策1日 特訓 

面接理論を学び、1日かけて面接スキル特訓

http://www.reservestock.jp/page/event_series/2334




伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme