「退職理由」「志望動機」「なぜ、当県警なのか」を確認

警察官採用面接で重要視すること

警察官:街を守る警察のバイク部隊

警察官採用面接で重要なポイントは、
「退職理由」
「志望動機」
「なぜ、当県警なのか」

 

★警察官として採用したくない人材
・警察官としての自覚の無い人
 ⇒ひとりの不祥事が
警察官全体のイメージを壊します。

 

・警察官としての「志」の無い人
⇒どんな状況下でも住民を守り、

悪と対峙して欲しいから

・ストレス耐性の弱い人
⇒一人で凶悪犯と対峙できない
可能性があるから

・(中途)今の仕事から逃げている人
⇒警察官の厳しい仕事から

逃げる可能性があるから

・リストラない公務員と思っている人
⇒悪と対峙する「志」がないから

 

★警察官として採用したい人材
・強靭な精神力を持っている人
・強靭な体力を持っている人
・正義感の強い人
・自分に厳しくすることができる人
・住民を守る行動できる人

 

以上を確認するために


「なぜ、今の仕事を辞めてまで、
警察官になりたいのですか?」


「警察官になりたいと
思い始めたのはいつからで、
なぜですか?」


「なぜ、当県警で働きたい?」


この3つの質問を重ねれば確認できます。

 

「なぜ、今の仕事を辞めてまで、

 警察官になりたいのですか?」

自分の思いを伝えてください。
中途の場合は、説得性が必要です。


・あなたの仕事の価値観は何ですか?
・仕事のこだわりは何ですか?
・今の仕事では、そのこだわりは実現できませんか?
・そのこだわりは、警察官の仕事で実現できるのですか?
・今の仕事についてガッカリしたことは何ですか?
・今の仕事上で解決したい問題はありますか?

これらの質問から
上記の
★採用したくない人材なのか?
★採用したい人材なのか?

探っていきます。

 

今の仕事を退職してまでも警察官になりたい・・・・というストーリーが必要です。


模擬面接を実施して、この「退職してまで警察官になりたい・・・」という「思い」を十分にアピールできていない人が多いと感じます。

 

 

「志望動機」
「志望動機」の中には、
・警察官になりたいという
「志」「能力」が必要です。

・私こそが警察官に向いている・・・
というマッチングも必要です。

・消防士・自衛官・他の公務員
ではなく、警察官になりたい・・
という理由も必要です。

 

この「志望動機」を聞けば、
・どんな「志」なのか
・なぜ「警察官」になりたいのか
・どんな仕事に就きたいのか
・どんな警察官になりたいのか
全てのことが分かります。

 

この「志望動機」を聞いた後、
深堀り質問を重ね、本当の「志望動機」を探っていきます。

 

納得できたときには、次のステップに行きます。
次のステップは、警察官として活躍できるかどうか・・・を見極めます。

 

 

「なぜ、当県警なのか」
その土地で生まれ、その土地で育ち、そこの県警警察官を希望している場合、問題はありません。


応募者の中には、一度も住んだこともない県警警察官に応募している方もいます。


「なぜ、当県警なのか」に答えられなければいけません。


ここには、その県警を選んだストーリーが必要です。

 

他にどこの県警を受験していますか?
こことの整合性と一貫性も必要です。

 

★採用担当者が確認していること

警察官面接

◆どこから情熱を判断するのか?

「志望動機」から情熱を確認します。
①なぜ警察官なのか?
②なぜ、当県警で働きたいのか?
③なぜ、前職を辞めたのか?

①と②は新卒ならしっかりと述べなければいけません。
①と②と③の3つを転職組は述べなければいけません。
これを1分以内に回答する必要があるのが大変です。

 

面接官を納得させる回答が必要です。
・なぜ、県庁職員。市役所職員
ではないのか?
・なぜ、消防職ではないのか?
これを質問されたら・・・ダメですね。
質問をさせない回答が必要です。

 

◆面接官が次に確認したいのは???
・どこの部で働きたいのか?
志望動機との一貫性を確認します。
どの部で働きたいのか・・・・・
ここには応募者の「志」があります。
ここを具体的に40秒以内に説明する必要があります。

 

◆どこから相性を判断しているか?
・クレペリン検査
・YG性格検査
これらの性格検査から、警察官として活躍するか?仮説を立てます。


ただし、うそをつくことはダメです。
面接時の態度、しぐさ、表情と性格検査は一致しています。


理想の警察官に合わせ、自分自身を変えていく必要がありますね。

YG性格検査

・第一印象がポイントです。
警察官としてふさわしい態度、表情、しぐさなのか?
この第一印象を与えるポイントがいくつかあります。

面接対策ポイント

 

◆最後に確認するのは「能力」です。

グループディスカッション

基本的に求めている能力は2つ
①「論理的な判断力」
②「コミュニケーション力」です。

 

この二つの能力を確認するポイントは
①結論と根拠をしっかりと回答できるかどうか
②第一印象をしっかりと与えられるかどうか

メラビアンの法則

 

面接のポイントが3つ

①採用担当者の見極めている
 ポイントを理解する
②面接カードの完成度を上げる
⇒質問は面接カード中心だからです
③鉄板質問の回答を面接官が
納得いくものにする

 

多くの方から内定報告をいただいています。

5月29日、6月16日に面接対策講座に参加させていただきました〇〇〇〇です。
大阪府警察に内定をもらうことができました。
伊藤先生の面接対策のおかげで、本番は「これだけで面接は終わり?」と思える程の面接をすることができました。
これからは、自分が働きたい部署にいけるように努力します。
ご指導いただき、ありがとうございました。

 

こんばんは11/1にお世話になった〇〇〇〇と申します
本日兵庫県警の合格をいただいた事を報告申し上げます。
伊藤先生の授業が無ければなかった合格であることは明らかなくらい目から鱗の授業でした。
本当にありがとうございました。

 

ご無沙汰しております。
5月23日㈭に伊藤先生の1日面接練習特訓会(大阪)でお世話になりました〇〇〇です。
ご報告が遅くなりましたが、この度、第一志望の大阪府警に合格することができました。
また、併願していた兵庫県警、警視庁にも合格することができました。

面接練習特訓で伊藤先生に教えていただいたことをもとに練習したことで、本番、力を出し切ることができ、合格することができました。

失礼します。〇〇〇〇です。
今年2月の公務員セミナーから面接練習、集団練習大変お世話になりました。
そのおかげで無事に第一希望の兵庫県警察に合格しました。
兵庫県警は伊藤先生の言う通り個別面接も大事だとおもいましたが、集団面接が1番ポイントだったと受けて思いました。
しかし、先生の対策のおかげで合格に繋がったと思います。
ありがとうございました。

 

伊藤内定ゼミ 公務員内定

次によく読まれている記事
警察官面接に落ちる人の特徴
警察官面接に落ちる人の特徴「誠実さに不安」

警察官面接に落ちる人の特徴「身体能力が高くない」
警察官面接に落ちる人の特徴「論理性が足りない」
警察官面接に落ちる人の特徴「主体的でない」
警察官面接に落ちる人の特徴「客観的でない」
警察官面接に落ちる人の特徴「がんばらない」
警察官面接に落ちる人の特徴「コミュニケーション力ない」
警察官面接に落ちる人の特徴「強靭な精神力ない」
警察官面接に落ちる人の特徴「正義感がない」
警察官面接に落ちる人の特徴「志がない」

Updated: 2020年1月24日 — 10:36 AM
伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2019 Frontier Theme