内定者レベルを理解する

内定者レベルを理解する。

pic_d015

内定を獲得するには、

内定者レベルを知るのが最初のステップです。

その内定レベルを点数化するとすると、

・筆記試験の内定レベル65点・・・自分は55点

・エントリーシートの内定レベル90点・・・自分は70点

・小論文内定レベル80点・・・自分50点

・グループディスカッション内定レベル60点・・・自分40点

・面接内定レベル80点・・・自分60点

入社したい内定レベルの高い企業に入社するには、自分の得点を全て

内定レベルにする必要があります。

このギャップを理解すること。

常に、目標と現状の自分の位置を知り、ギャップを理解し、

そのギャップを毎日少しでも埋めていくこと。・・・・ここが大事ですね。

 

 

今の自分のレベルで努力しなくても入社できる会社を選ぶのもひとつです。

私の経験から、

新卒時に入社したのは、後者の起業できした。

新入社員4名の小さな会社です。

当然、評価は同期でトップになります。

しかし、大手企業に比較すると、給与も低く、労働環境もよくありません。

当然、転職しました。

 

 

自分のやりたいことを見つけ

やりたいことが実現できる企業を見つけ応募してください。

 

内定を獲得するには、

内定レベルを知り、自分のレベルを知り、

そのギャップを埋めるアクションが必要です。

 

このアクションは、テクニックでは埋められません。

「準備」と「訓練」によって埋められます。

 

 

最初の目標を立てるために

入社したい企業の内定レベルを理解してください。

・適性検査を何点とればいいのか?

・起業が求める人材の性格検査はどんな結果なのか?

・会ってみたいと思うエントリーシートとはどんなレベルなのか?

・論理的な文章力を持つ小論文とは?

・「やりきったこと」には、どれくらいの広さ、深さ、能力の証明が必要なのか?

・応募している起業にアピールすべき能力は何なのか?

・面接で何を証明すればいいのか?

採用担当者なら、このレベルを理解しています。

数千人の応募者をみて、その後の活躍をみていますので

 

応募時のどんな人が、どんな活躍をするのか

分析を行い、自分の「人を見る目利き」を育てています。

採用担当者は「人を見る目利き」のプロです。

 

このプロに対し、素人である応募者が戦うには戦略、戦術が必要です。

 

そのひとつが【内定レベルを理解する】ことです。

 

この【内定レベル】は企業によって異なりますので

マンツーマンでしか教えられません。

また、個人的な現在のレベルも、

マンツーマンでしか教えられません。

 

 

ここに就活コンサルティングの難しいところがあります。

 

お礼a_btn045

 

 

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme