就活の自己レベルを確認する。

就活の自己レベルを確認する。

pic_g095

理論の学習(内定者の行動)から

目標とする「あるべき姿」を理解した後は、

今の自分のレベルを知ることから「訓練」は始まります。

 

<<適性検査の場合>>

適性検査の内定レベルが70点であれば、

70点取るのがひとつの目標ができます。

 

今の自分のレベルが

60点の場合

50点の場合

40点の場合

自己レベルによって、全くアクションプランは変わってきます。

 

適性検査の場合は

内定偏差値のウエブサイトをみれば、内定レベルを把握できます。

そして、模擬適性試験を行えば、今の自己レベルを理解できます。

模擬適性試験は、客観的な指標になりますので、

進捗を測るのに適しています。

 

 

<<エントリーシートの場合>>

エントリーシートには書くべきこと、論理的な文章力など

採用担当者が見るべきことが決まっています。

 

エントリーシートの添削を受け、修正を繰りかえせば、

内定レベルまで上げることは可能です。

 

必要なのは、エントリーシートから採用担当者が確認したいことを

全て、もれなく、書いてあるか!!!

 

キャリアセンターに添削を依頼すれば、内定レベルまで

エントリーシートレベルは上がります。

 

 

<<面接の場合>>

面接で落ちた場合、

何が問題なのか?具体的なフィードバックが無いため

問題点が特定できず、改善のアクションを講じることができません。

 

どうすればいいのか???

 

面接理論をしっかりと学ぶ

・内定者に共通する行動規範を学ぶ

・不合格者に共通する行動規範を学ぶ

・採用担当者は何を見極めているか?そのポイントを学ぶ

ただし、理論を学んだだけでは、

自分のレベルが分からないので

対策を講じることができません。

 

自己レベルを理解するには、

模擬面接を受講し、客観的なフィードバックをもらい、

問題点を特定することが必要です。

ポイントは、「採用担当経験者からの客観的なフィードバック」です。

 

適性検査の点数アップのために

模擬試験を行ったように

模擬面接を定期的に行い、

問題点を指摘してもらう必要があります。

内定レベルと自己レベルのギャップを理解することにより

改善に繋がります。

 

お礼a_btn045

 

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme