論理力:ファーストステップ「なぜ?」

論理力を身に付ける方法

論理力を高めるためには、「なぜ?」という疑問を持つこと!

そして答えをだすこと!

どんなことでもかまいません。

疑問を持ってみてください。

 

<例>
・地下鉄の天井広告を見て
 なぜ、○○の広告が多いのだろう?
 なぜ、この広告にこの人を使っているのだろう?
 なぜ、広告の色がオレンジなんだろう?

 ○○の広告が地下鉄に多いのは、○○○○だから○○だろう
 この人をこの広告に使っているのは○○○○だから○○だろう
 広告の色がオレンジなのは○○○○だから○○だろう

 

この疑問により 根拠をかんがえること・・・
 これが論理思考の始まりです。

 

就職活動の面接質問でよく質問します。

「なぜ、そう思ったのですか?」
「なぜ、やろうと思ったのですか?」


多くのことは、
なんとなく分かっていても
人に説明できるだけの根拠も明確ではなく、

「なぜ?」と質問されて考えることも多いと思います。

この疑問を持つ!ことが

そしてその疑問に対し、根拠をもって答えていくことが論理力アップに必要です。


「お題」⇒「結論」⇒「根拠・理由」をワンセットにして考える習慣を身につけてください。
根拠・理由まで考えることによって、結論の「重み」が増してきます。

 

就活生の皆さんにこの習慣を身につけていただくためです。
最初は、この習慣から始めてくださいね。

 

人気関連記事

【採用担当者から就活生へ面接時のこんな質問①】

【面接だけで能力を見極めることができるのか?】 

【面接のポイント メラビアンの法則】

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

【模擬面接で気になったこと】

【面接の結果に悩んでいる就活生へ】

【面接のあがり症について】

【客観的なフィードバックの重要性】

【面接質問の意図は?】

【人間はロジックだけで動いているわけではない】

【就活 面接 質問】

【最終面接で何を質問されるのか?】

【「共感力」⇒面接でどうやって見極める?】

【公務員面接のポイント「志望動機」】

【大学職員に求められる能力】

【警察官採用面接で圧迫面接をする理由】

【面接でアピールする行動力とは?】

【チーム医療について】

【臨床検査技師:説明会の落とし穴】

【保育士・幼稚園教諭に求められること】

【志望動機一貫性の確認】

【他の県警、公務員、民間企業は受けていませんか?】

【面接における「第一印象」の作り方】

【「退職理由」「志望動機」「なぜ、当消防官なのか」】

【「退職理由」「志望動機」「なぜ、公務員なのか」】

【警察官には何が必要か】

【採用担当者が考える「チャレンジ精神」】

【就活の自己レベルを確認する。】

【面接スキルの問題改善コンサルティングを受ける】

自宅で面接問題改善訓練を行う

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【「適性検査」と「面接」の一貫性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接練習はプレゼンテーションスキル練習】

【面接の一貫性は何か?】

【面接における「第一印象」の作り方】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【模擬面接の進め方】

【模擬面接の必要性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接スキルの「真の問題点」特定に向けて】

【面接回答の添削必要性】

【技術者が持つべき能力:問題解決力】

【技術者が持つべき能力について】

【何かを伝えるには、話すことが必要です。】

【面接回答時の変な話し方】

【面接回答時の変な顔の動き】

【面接が1分で決まるわけ】

【面接時の目つきについて】

【早朝スカイプ面接】

【コミュニケーション能力の高い人に共通すること】

【内定レベルの3ステップ】

お礼a_btn045
 

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme