消防官が持っていなければいけないもの

消防官が持っていなければいけないもの

消防面接対策

①体力

消防士の仕事は非常にハードな仕事です。

 

通報を受ければ食事中、仮眠中であろうとすぐに現場に急行し、

命を懸けて人命救助・消火活動に当たります。

 

消火活動の際に着用する防火服や酸素ボンベなどの重量は20キロを超え、

猛火の火災現場の中で消火活動にあたります。

 

消火活動において十分な消火を行うには、

日頃から厳しい訓練をしておくことが必要です。

体力がないと務まらない仕事です。

 

②精神力

消火活動において猛火の中に飛び込んでいくには

強靭な精神力が必要です。

本能に逆らった行動が必要です。

一人の一瞬の「躊躇」が大きな事故につながります。

精神力が必要な仕事です。

 

③判断力

消防活動や救急活動は常に人命に係わる緊急事態の現場であり、

迅速な判断を求められます。

常に冷静に適切な判断を下せることが必要です。

体力だけでなく、強靭な精神力、そして冷静な判断力が問われます。

 

④正義感

消防士は危険と隣り合わせの仕事です。

消防という職務を遂行するためには、

何よりも「人の命を助ける」という正義感や使命感が欠かせません。

 

⑤チームワーク力

消防隊はチームで消火活動を行います。

それぞれに役割があります。

お互いを信頼し合い、チームワーク力が発揮されて、

救助ができます。

救急活動も同じです。

 

 

面接官のイメージ

面接官は、理想の消防官イメージを持っています。

理想の消防官が持っていなければいけない「もの」を理解しています。

 

過去の経験から、

理想の消防官になりそうな人の行動規範を知っています。

その理想消防官「行動規範」と皆さんを比較しています。

より、一致している人を採用したいと思っています。

 

理想の消防官をイメージしてください。

そして、理想の消防官が行う「行動・しぐさ・表情・声の大きさ」を真似てください。

 

消防官面接を乗り切るために

1回きりの本番面接で失敗しないために面接対策を

http://www.reservestock.jp/page/event_series/4859

 

お礼a_btn045

やるか!やらないか!

 

 

消防官関連の記事

【「退職理由」「志望動機」「なぜ、当消防官なのか」を確認】

消防官が持っていなければいけないもの

【面接の質問集:消防官編】

【面接の質問集:消防官編】

 

お礼a_btn045

 

 

 

 

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme