エントリーシートに何を書けばいいの?

エントリーシートに何を書けばいいの?

「エントリーシートに何を書けば良いのか分からない」

という意見をいただきます。

 

エントリーシートをカタログだと思ってください。

適性検査は、お客様が実施した性能検査だと思ってください。

 

ここに1台の車があります。

お客様は、この車の性能が良いかどうか検査をしました。

・馬力がある

・加速性能が良い

・燃費が悪い

・運転しづらい

・2シーター

・荷物が積めない

この結果をお客様だけが持っており、販売側が持っていなかったら悲しい結果になります。

 

 

お客様の要望が

・燃費が良く

・誰もが運転し安く、

・大人数が乗車できる車を希望していたらどうでしょうか?

 

 

販売側は、燃費や運転のしづらさ、少人数しか乗車できないことを知らず、

お客様のニーズだけに合わせ

「当社の車は、燃費がよく、誰にでも運転できる車です」

とアピールしていたらどうでしょう・・・

信用できませんよね!

 

お客様には、検査結果がありますから。

エントリーシートを書くにあたり、

自分の強みを十分に知ることから始まります。

適性検査、キャリアアンカー診断、適職診断など、客観的な診断より

導き出される「強み」を知らなくては、エントリーシートにエピソード、長所・短所など書けません。

 

客観的な視点から、過去5年くらいの間の成功体験を

できるだけ多く抽出します。

この抽出体験に影響を与えた「コンピテンシー」を抽出します。

コンピテンシー=成果をもたらした行動

 

多くの場合、この2つの方法で抽出した「強み」と「コンピテンシー」はつながっています。

もし、繋がっていない場合は、知らない自分の「強み」が隠れているかもしれません。

 

 

この「強み」と「コンピテンシーの発揮」が結びついたところを

エピソードや強み・弱みとして書けば、一貫したストーリーになります。

この一貫したストーリーが見られず、

「違和感」のあるエントリーシートが散見されました。

エントリーシートの本質を知らない「残念な就活生」と思います。

 

就活生から、「過去の成功体験」と「強み」を引き出すと、

多くの「強み」を発揮したエピソードが出てきます。

本人から「こんな内容でいいのでしょうか?」と質問を受けますが、

決して「周りが驚くような」エピソードを期待している訳ではありません。

しっかりと自己分析を行えば、エントリーシートに書くべきことは理解できます。

 

人気関連記事

【エントリーシートに何を書けばいいの?】

【採用担当者が見るエントリーシート】

【「漢字の持つ意味」エントリーシート】

【エントリーシートに活用できるコピーライティング】

【就活 志望動機・自己PR・やりきったことの書き方】

【エントリーシートの一貫性について】

【エントリーシート・職務経歴書の地雷をなくす】

【求められる能力:説得力+影響力】

【求められる能力:迅速な学習力】

【志望動機の一貫性確認】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【採用担当者視点から「志望動機」を徹底指導】

【面接でアピールすべき「強み」ものさしの違い】

【エントリーシートを書くポイント「重要事項を強調」】

【エントリーシートを書くポイント「結論から書く」】

【エントリーシートを書くポイント「分かりやすく書く」】

【エントリーシートコピーライティング】

【エントリーシートから確認する「一貫性」】

【あなたの仕事のこだわりは何ですか?】

【強みの「粘り強い」について】

お礼a_btn045

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme