瀬戸市役所 採用面接対策 集団討論対策

瀬戸市役所 採用面接対策 集団討論対策

瀬戸市職員採用の特徴は、自己PR書の提出です。
1次試験の中で、筆記試験と共に、自己PR書の提出があります。

2次試験

集団討論
集団面接

3次試験

適性検査(クレペリン検査)
個人面接
自己PR試験

 

ポイントは、最初に提出する自己PR書の完成度を上げることです。
ここで提出された自己PRがそのまま、3次試験の自己PR発表に使う場合が多いので、完成度を上げることが、自己PR試験の評点に繋がるからです。

 

毎年、1次筆記試験前に、自己PR書の添削を受ける方が内定者に多いです。
ここをしっかりと準備することが、最後の3次面接に大きな影響を与えます。

 

グループワーク

どちらかというと、行政の課題解決策でないお題が多いようです。
具体的に、
・瀬戸をPRするならどのような動画を作るか?
・訪問販売企業の求める人物を採用する採用試験を考えよ

などから考えると、
「あるべき姿・状況」を実現するための企画・提案力を求めていると考えます。

 

ここでは、
「瀬戸をPRすることで、瀬戸市は何を得るのか?」
このあるべきゴールを明確にすると、
それが、観光客の増加であれば、

・なぜ、PRするのかーWHY
・興味を持ってもらう観光資源ーWHERE、WHAT
・誰にーWHO
・どのようにーHOW
・いつーWHEN
など、5W1Hで考えていくと、明確な意見が言えそうです。

 

次の「企業の求める人物」⇒あるべき姿
その人物を具体的にどうやって採用するのか?
・WHO
・WHEN
・WHERE
・WHAT
・WHY
・HOW
の5つの視点から意見が言えれば大丈夫です。

 

この5W1H視点からのグループワーク対策を
集団討論1日練習会にて鍛えませんか!
https://resast.jp/page/event_series/2718

 

集団面接

集団面接と個人面接の違いをこちらから学んでください。
http://nagoya-naitei.com/24637

 

集団面接時には、面接カードの提出はないようです。

 

具体的に、集団面接で出された質問
・自己紹介
・瀬戸市職員として大切にしたいこと
・感謝されたこと
・自分を〇〇に例えるとしたら何か
・市職員としてやり遂げたいこと
・ストレス解消方法

等々

 

年度によって、全く異なる質問が出されるので、
・回答の瞬発力
・臨機応変な回答力
など、準備してきたものを見るのではなく
その人の資質をみているようです。

 

この瞬発力を鍛える練習をしませんか!
面接1日特訓練習会
https://resast.jp/page/event_series/5459

 

面接カード

次の個人面接のためのものです。

・長所
・短所
・人から見た自分
・入りたい部署
・入りたくない部署

等々ありますが、毎年変わる可能性が大きいです。

 

具体的に個人面接で出された質問

・志望動機
・なぜ、瀬戸市なのか
・瀬戸市の知っていること
・長所、短所、性格について
・エピソードからのコンピテンシー面接
・市職員としてやり遂げたいこと

等々、瀬戸市で働きたい情熱と人物確認、最後にコンピテンシー面接から能力を確認されているようです。

 

毎年、複数の方々が瀬戸市の内定を勝ち取っています。
ポイントは、論理的思考だと思います。
論理的に瀬戸市の抱えている問題を解決できる人材
その課題解決を市民を巻き込んできでるヒューマンスキルのある人材
そして、誠実で正直、仕事に情熱のある人材
をどのようにして証明していくのか!!!

 

ここ
一緒に作りこみしませんか!

面接1日特訓練習会
https://resast.jp/page/event_series/5459

お礼a_btn045

やるか!やらないか!

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2019 Frontier Theme