内定がとれないとき、私は何をすればいいの?

適性検査集団討論面接カード面接対策

内定がとれないとき、私は何をすればいいの?

内定がとれないとき、私は何をすればいいの?

それは、内定者のやった行動を真似ればいいのです。

彼らは、何をしたのか?

・適性検査の準備を十分に行った。

・各種就活セミナーに参加し、知識を蓄えた。

・模擬グループディスカッション、模擬面接を行い、自分の欠点を改善した。

 

そんなことは十分に分かっている・・・・

分かっているようで、分かっていないのでは?

本当の自己分析が出来ていますか?

テクニック本に合わせていませんか?

やりきったことを30分話せますか?

テクニックを使っていませんか?

 

できることはやっています。・・・・

うまくいかない人に共通しているのは、「自分の間違い」に気づいていないことです。

 

なぜ、落ちたのか 理由が分かりますか?

面接時の自分の回答に面接官の表情が変わったのを感じましたか?

客観的なアドバイスをもらってください。

 

今からでも遅くはありません。

自己分析を十分に行い、企業研究も行い、過去の反省から戦略を変更してください。

内定を獲得した先輩は山ほどいます。

 

やり直しといっても、以前と同じやり方ではアウトプットは同じです。

正しいやり方、考え方を身に付ける必要があります。

就活セミナーを利用してください。客観的なアドバイスをもらってください。

そこには「ノウハウ」があります。

 

そのノウハウとは、内定者とそうでない人との間の
「わずかな差」の発揮だけです。

一人でも多くの学生にこの「わずかな差」を知って欲しい。

 

そして、「残念な就活生」にならないようすぐに行動して欲しいと願っています。

  |