YG性格検査:客観性

YG性格検査でわかること:客観性
客観性って何?

本番のYG性格検査では、
0点~20点までの点数にて性格判断されます。
点数が高い低いが、良いか悪いかの判断ではなく、
点数の高い低いで、
客観的⇔非客観的のどちらの傾向が強いか
この部分が分かります。

客観性の点数が低いと
(グラフ左寄り)

・客観的
・空想的でない
・信念に乏しい
客観性の点数が高いと
(グラフ右寄り)

・主観的
・空想的
・独善的

 

公務員や警察官を考えると、
どちらが良いか???
明確ですね!

 

もし、性格検査で「客観性」が0点の方が、面接を受けると・・・
当然、客観性があるので・・→事実から根拠を述べる
空想的でないので・・→やりたい仕事が論理的に説明できる
信念があるので・・→なぜ警察官になりたいのかが論理的
ここの性格検査と面接回答にギャップがあると・・・・

 

情緒的安定性である抑うつ性気分の変化劣等感神経質の4つの項目は、面接の態度、表情、しぐさから検査検査の結果との一貫性から確認でき、公務員・警察官に向いているかどうか確認できます。

 

一方、客観性は、質問の回答から確認できます。
その対策のためには、回答を準備する必要がありますね。

 

過去、YG性格検査対策レッスンを多数の方が実施し、内定を取っていく方々に共通プロットエリアがあるのが分かりました。(私の個人的な見解です。)


警察官の場合
点数ではなく、パーセントタイルと言われる標準偏差上で0%~10%程度が多かったです。その理由は、法の番人として法律に沿っているかどうかを客観的に判断して仕事を行っていくからです。


市役所職員の場合
標準偏差上で10%~30%程度が多かったです。その理由は、論理的には納得しない主観的な市民に寄り添って仕事をしつつ、法律に沿った仕事をするからです。


県庁職員の場合
標準偏差上で0%~20%程度が多かったです。その理由は、県民の抱えている課題を客観的に把握し、解決する必要があるからです。

 

この客観性は、面接で確認できます。
客観性が強いと性格検査で出ているのに、根拠がしっかりと答えられないと・・・
志望動機の回答時に、警察官になりたい根拠が論理的でないと・・・

面接官は、
「何か違うかも・・・」と判断し始めます。

 

客観性の弱い人ほど、
その弱さを採用担当者にばれたくないため、
「客観性が強い」と回答します。

 

その結果、
客観性検査結果は0%なのに、面接回答では偏差値50%くらいの論理性を出してしまいます。

 

このギャップを感じた瞬間、
「何かが違う・・・」と面接官は、判断します。

 

このYG性格検査を
1時間20分個人レッスンで受けて、改善策のコーチングを受けませんか!
対面のみの実施になります。
大阪、名古屋、横浜の1時間20分を受講してください。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1084

面接対策セミナーでもYG性格検査を行っています。

伊藤内定ゼミ 公務員内定

 

 

 

  |