中途採用面接のポイント

適性検査集団討論面接カード面接対策

中途採用面接のポイント

 

中途採用はなぜ必要なのか?

それは、

・急に社員が退職してしまった。

・事業拡大のための補充

・新規マーケットアリアに社員が必要なため

など「即戦力」の社員が必要なときに採用活動を行います。

 

できれば、前職において「同様の仕事」を行っており、実績のある人材を採用したいと思っています。

「即戦力」・・・・⇒「何ができるのか」

これを面接で証明しなければいけません。

 

よって、職務経歴書の内容は、この「何が出来るのか」=「どんな成果を出してきたのか」

この部分を企業の求める「仕事」に合わせ、カタログのようにアピールする必要があります。

 

転職活動時、職務経歴書の雛形を作り多数の企業に提出している方も多くいますが、

それは違います。

 

企業にあわせた職務経歴書を作らなくてはいけません。

なぜなら、企業によって求める人物像が違うからです。

 

 

八百屋さんを例にしてみると

・お客様が「今の時期、旬な野菜を買いたい」と思い来店されているのに、

 今日大量に入荷した野菜を勧めても買ってはくれませんね。

・お客様が「ローカロリーで食べ応えのある野菜を買いたい」と思い来店されているのに、

 無農薬の野菜を勧めても買ってはくれませんね。

企業の求める人材を見極め、どんな人材を欲しているのかを考え、

その人物像に一致する「能力・できること」をアピールしなければいけません。

 

企業が「バリバリの営業マン」を欲しているのであれば、 

どんなに「資格」を持っていても「過去の実績」には勝てません。

 

面接対策のポイントは、企業にあわせた「職務経歴書」つくりから始まります。

 

そのためには、過去の業績・実績の棚卸しから始めなければいけません。

必要であれば、お手伝いします。

Zoom面接特訓練習会
1日かけて面接の練習を
直前に回答修正が最適
やり直しきかない本番前に模擬面接を!

  |