グループディスカッション着席後、最初にやること

適性検査集団討論面接カード面接対策

グループディスカッション着席後、最初にやること

グループディスカッション着席後、最初にやること

会場である会議室に入室後、面接官は受験者を見ています。

①第一印象を作りましょう
・笑顔を絶やさないようにしましょう
 →コミュニケーション能力高い
・隣の人に笑顔で挨拶しましょう
 →コミュニケーション能力高い
・背筋を伸ばして座りましょう
 →良いイメージを与える

 

②面接官が説明を始めたら

・説明者にアイコンタクトを取りましょう
 →コミュニケーション能力が高い
・説明に頷きましょう
 →コミュニケーション能力が高い
・笑顔で聞きましょう
 →コミュニケーション能力が高い
などの印象を持ちます。

 

③グループディスカッションが始まる前に
・戦略を立てましょう
 司会者をやるのか
 発表者をやるのか
 タイムキーパーをやるのか
 上記の役割を表題によって決めるとよいですね

④ディスカッションがスタートしたら
・自己紹介がある場合
 どこに誰が座っているのか、与えられた用紙に記入しましょう
・スタート時間を記録し、終了時刻を秒数まで明確にしましょう
・記録(メモ)は最小限にし、アイコンタクトを注力しましょう

 

ここで重要なことは、「頷く」ことです。

頷くタイミングから、
・内容を理解しているのか
・内容を理解していないのか
また、その頷く回数から
理解度まで見極めることができます。

現在、大学非常勤講師として多くの学生の前で講義を行っています。
頷きが上手なのはそのほとんどが女性であり、全体の5%ほどです。

練習すれば、頷けるようになります。
ぜひ、練習してくださいね。

Zoom面接特訓練習会
1日かけて面接の練習を
直前に回答修正が最適
やり直しきかない本番前に模擬面接を!

  |