警察:交通部の仕事とは

警察:交通部の仕事とは

交通部は、交通違反の取締りや交通事故処理など、交通部門全般を管轄する部署です。
運転免許本部試験課:運転免許試験に関する仕事
運転免許本部免許課:運転免許の作成・交付などを行う
高速道路交通機動隊:高速道理での取り締まり、指導などを行う
ウイキペディアによると
高速道路交通機動隊とは、とは、警視庁および道府県警察本部交通部に設置されている「執行隊」である。
文字通り高速道路のみを管轄し、高速道路上における交通取り締まり、交通事故処理、自動車で逃走している被疑者追跡、事件が発生した場合の初動捜査・遺失物の扱いを管轄する。

なお、高速道路交通警察隊の区域は、通常の都道府県警察の管轄境界と異なり都県境を越える最初のインターチェンジまで設定される場合もある。
高速隊で用いられるパトカー・白バイは一般道路用より排気量・出力が大きく、かつ高速道路上における事故処理・取り締まり活動は一般道路以上に危険と隣り合わせである。よって高速隊へ配属されるためには一般道路を管轄する「交番」・「警察署交通課」・「自動車警ら隊」・「交通機動隊」などの部署で一定期間の実務経験と運転経験を積み重ねる必要があり、高速隊へ配属後も日夜厳しい訓練を積み重ねる。

交通機動隊:白バイやパトカーによる交通の指導や取締りなどを行う
主な活動内容は、白バイ(交通取締用自動二輪車あるいは交通指導取締用自動二輪車)とパトカー(交通取締用四輪車あるいは交通取締用無線自動車)による幹線道路交通取り締まりであり、自ら隊(正式には「自動車警ら隊」と言う)と並んで「パトカー・白バイのプロ集団」といわれている。 高速道路交通警察隊(「高速隊」と言うこともある)も別に設置されるが、交通機動隊が言わば交通取締まり専門なのに対し、高速道路交通警察隊は高速道路における交通取り締まりの他にも高速道路での事故処理、高速道路上を逃走している容疑者追跡、パーキングエリアなど高速道路上施設における事件捜査等まで多岐に渡る。

駐車対策課:駐車関係法の指導や取締りなど
交通捜査課:交通事故の捜査
暴走族対策など
交通執行課:自動取締り機に関する業務を行う
交通指導課:道路交通法の取り締まりや指導などを行う
交通管制課:道路の新設
交通情報に関す業務を行う
交通総務課:交通安全教育や交通事故統計などを扱う

 

 

警察組織全般についての説明はこちら

警務部の仕事とは?

交通部の仕事とは?

警備部の仕事とは?

生活安全部の仕事とは?

刑事部の仕事とは?

地域部の仕事とは?

 

毎年 アマゾンで警察白書が無料で配布されています。

ダウンロードして調べてくださいね。

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme