警察:警備部の仕事とは?

警察:警備部の仕事とは?

国家の安全と秩序を維持するために活躍している。

道府県警察本部の警備部は、警備課、機動隊、公安課、外事課が設置されている。
東京を管轄する警視庁は例外的に、公安警察を担当する警視庁公安部が設置され、警視庁警備部は警備・警衛及び警護・災害救助に特化している。
要員は、警視庁警備部・道府県警察本部警備部に約8000名、警視庁公安部に約2000名の、あわせて約1万名である。
消防と異なり、災害対応は救助救援ではなく「警備」として実施される。

具体的には
・思想的背景のある集団等による無差別テロ・ゲリラ事件の未然防止や捜査
・暴動の鎮圧など

機動隊:大規模なデモや災害時など、紺色の出動服に紺色のヘルメット、籠手や脛当てなどの防具をつけ、ポリカーボネート製の盾を持ち、集団で軽微に当たる姿はテレビでおなじみである。
機動隊(きどうたい)は、日本の警察において、集団的警備力及び機動力を有し、警備実施の中核部隊として治安警備及び災害警備等に当たる警備警察の部隊である。

主な任務は治安警備、災害警備、雑踏警備、警衛警護、集団警ら及び各種一斉取締りである[2]。「治安警備」とは、国の公安又は利益に係る犯罪及び政治運動に伴う犯罪が発生した場合において、部隊活動により犯罪を未然に防止し、又は犯罪が発生した場合の違法状態を収拾する警備実施活動のことであり、「災害警備」とは、災害が発生した場合に、個人の生命、身体及び財産を保護し、公共の安全と秩序を維持することを目的に行う警察の救助活動等のことである。

警察用語としての「機動」とは、「特定の所轄担当区域を持たず、直轄部隊として機動的に活動を行う」ことを意味し、事件の初動捜査を行なう機動捜査隊や広域的に交通事案に対処する交通機動隊は機動隊と同様の意味で「機動」を名称に冠しているが、機動隊とは任務が異なっている。

警備第一課:警備の情報収集、資料作成などを行う
警備第二課:装備や訓練、爆発物対策を担当
災害対策課:震災警備や都市災害の警備を担当
警護課:SPが所属
護衛課:皇族の護衛などを担当

 

 

警察組織全般についての説明はこちら

警務部の仕事とは?

交通部の仕事とは?

警備部の仕事とは?

生活安全部の仕事とは?

刑事部の仕事とは?

地域部の仕事とは?

 

毎年 アマゾンで警察白書が無料で配布されています。

ダウンロードして調べてくださいね。

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme