警察官面接に落ちる人の特徴「論理性が足りない」

警察官面接に落ちる人の特徴「論理性が足りない」

警察官志望の方で
少し、勘違いをされている方が多いと感じます。
警察官として、体力や身体能力、武闘力もひつようですが「論理性」も必要です。

抑止と検挙をするには、「論理性」は必須です。
抑止では、
・どこで事件・事故が多いのか
・どの時間に多いのか
・どんな方が被害にあうのか
・どんな加害者が多いのか
・どんな状況で、事件・事故は発生するのか
・・・・・
これらの事実があるからこそ
・このマンションは空巣の被害にあいそうだ。
理由は、死角が多いから
・昼間に空巣が多い。
理由は、共働きが多いため昼には誰もいないから
・空巣に合う方の特徴は・・
理由は、危機管理意識が薄いから
・空巣を常習としている人は・・・・
理由は、・・・・・
・空巣は、給料日後の・・・
理由は、現金が多く自宅にあるから
等々、事実を集めていけば、
・どの時間にどこをパトロールすればよいのか
・巡回連絡では、何を住民に伝えるべきか
・2重ロックの重要性をどうすれば住民に意識付けられるか
・・・・
やるべきことが明確になっていきます。

その結果、
犯罪者が下見に来ている時間帯に、警察官がパトロールをすることによって
「ここは、ヤバイ!」と理解させ、犯罪を未然に防ぐことができます。

また、住民の防犯意識も高まり、抑止に繋がります。

 

また、検挙もしかりです。
刑事の場合、論理的に犯人を追い詰めていきますね。
テレビドラマで活躍している刑事の姿をイメージすれば、「論理性」の必要性を理解できます。

 

この「論理性」をどうやって見極めているのか???
①小論文
小論文は、自分の意見を論理的に証明していくものです。
この小論文の段落構成と、論理的なつながりを読めば・・・論理性は判断できます。
②面接
面接において、

「的を得た回答が出来ているか」
「結論を答えているか」
「筋が通っているか」
「根拠が明確か」
等々を確認すれば、「論理性」は確認できます。

 

これら「論理性」を1日面接特訓を通して確認します。
詳しい案内は、こちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/5459

警察官面接に落ちる人の特徴「論理性が足りない」

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme