警察官面接に落ちる人の特徴「強靭な精神力ない」

警察官面接に落ちる人の特徴「強靭な精神力ない」

警察官:警察学校

なぜ、警察官に強靭な精神力が必要なのか??
それは、どんな状況でも悪と対峙するからです。

 

住民から通報があり、騒いでいる複数の人達にも対峙しなければいけません。
パトロール中 通り魔に遭遇した場合、対峙しなければいけません。

テロ等の犯罪者にも正面から対峙しなければいけません。

 

これら、生死にかかわるような状況で悪と対峙するには「強靭な精神力」が必要です。

 

私が高校生の頃
やんちゃな高校生が道端で「ガンつけ」あっているのをよく見ました。

ガンつけ
分かりますか。
「強靭な精神力」がないと、相手の目力に負けて目をそらします。

 

ガンつけでは
先に目をそらしたほうが負けです。

 

面接という安全な場所で面接官の目力に負けるということは、悪と対峙したときに警察官としての対応ができない・・と判断します。

 

内定を取っていく方に特徴的なのは
・瞬きが増えていない
・目が泳いていない
・不自然な動きがない
・自然体でいる
・住民対応ができる笑みを出している

これらは、「強靭な精神力」があるからできます。

 

この「強靭な精神力」は、厳しい環境の中で、ストレスを乗り越えて身につけます。
スポーツ経験者、武道経験者
彼らは、厳しい練習を乗り越えてこの「強靭な精神力」を身につけています。

 

・過去の武道、表彰歴
・スポーツ、表彰歴
を確認すれば、どこまで厳しい訓練を乗り越えてきたか確認できます。

スポーツ、武道経験者が警察官に多いのは、身体能力とこの「強靭な精神力」を身につけている人が多いからです。

 

 

あなたの面接
・目が泳いでいませんか?
・マバタキが増えていませんか??
・不自然な体の動きをしていませんか???
・自然体でナチュラルな回答をしていますか????

 

これらの特徴を面接1日特訓で磨きませんか!
1日に5回模擬面接行う面接1日特訓練習会

警察官面接に落ちる人の特徴「強靭な精神力ない」

  |