警察:地域部の仕事とは?

警察:地域部の仕事とは?

〇地域課:地域警察の運営に関する調査、企画及び指導などに関する業務を担当しています。
〇通信指令課:警察通信指令業務などを担当しています。
〇自動車警ら隊:自動車警らによる各種犯罪の予防、検挙などの業務を担当しています。
〇鉄道警察隊:鉄道施設における警ら、警戒警備などの業務を担当しています。
〇水上警察隊:警察用船舶による警戒、警ら、海上犯罪の取締り、水難事故防止などの業務を担当しています。
(千葉県警のホームページより)

地域部の仕事とは、地域に密着して市民の安全を守る業務です。
特に、交番勤務の仕事は、警察学校卒業後、最初に配属されるところであり、警察官としての抑止と検挙、基本的な仕事を学びます。

交番勤務の仕事として
パトロールは、管内を徒歩、自転車、バイク、ミニパトなどでパトロールします。
仕事の内容は、不審者などに対する職務質問、各種犯罪検挙、交通の取り締まり、主要交差点などでの立番警戒、巡回連絡などです。
在所警戒は、交番内で事務処理をしたり、遺失物、拾得物の取り扱い、道案内、相談の受理、長尺申請の取り扱いなどを行います。
事案対応は、交通事故の対応、事件現場への臨場、緊急配備時の検問、災害現場への臨場、行方不明者の捜索など、突発的な事案に対応します。
特命事項は、上司などから指示をされて行うものです。
どこどこで、不審者が出没しているから重点的にパトロールせよ。
サミットなどが近いので、ライフラインなど防護施設を警戒せよ。

多くの警察官志望の方は、交番勤務の警察官にお世話になった方が多く、志望度の高い仕事でもあります。

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme