面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

の質問は、警察官になる「覚悟」を確認されているようです。

このつらい部分とは?

警察官:警察学校

・警察学校

警察学校は集団生活です。
・スマートフォン禁止
・法律の暗記
・体力錬成
等々、多くの志望者が思っている以上に警察学校は大変です。

 

朝一番に、起床し⇒ベッドをきれいにし⇒クラス全員がある場所に集合する際、一人でも遅れると、
・腹筋〇〇〇回
・腕立て伏せ〇〇〇回
・グランド〇〇周
など、課せられます。

 

警察学校入校までに、体力や筋力をつけておかないと、大変なことになります。

 

・交番勤務

体力が必要な理由として、交番勤務では24時間、働き続けることもあるからです。
深夜、仮眠中に事故も多く発生します。
事故発生時には、交番勤務の警察官が現場にいち早く着いて、対応が求められます。
また、悪と対峙した際、筋力で負けてしまうと、取り逃がしてしまうためです。

警察官:街を守る警察のバイク部隊

当然、体力検査にて、最低限の体力があるか確認されますが、警察学校入校までにさらなる体力錬成が必要ですね。

 

また、住民からの通報では、「正しいことを行っていない住民に対して注意する」仕事も多く、常に感謝される仕事ばかりではないことから、ストレスのかかる仕事も多いからです。

 

以上などから、
「大変な仕事だけど、やっていけるか?」をここで確認されていると判断します。

 

面接の練習を1日5回行いませんか
多くの合格者を輩出しています。

 

面接の練習をしたい方へ
1日に5回模擬面接行う面接1日特訓練習会

 

 

伊藤内定ゼミ 公務員内定

  |