長所と短所に何を書けばよいか

長所と短所に何を書けばよいのか

長所と短所に何を書けばよいか

長所と短所に何を書けばよいか

公務員の面接だけでなく、民間企業の面接においても「長所と短所」を質問されることが多いですね。

 

それは、全てのことに「表があると共に裏もあり」
多くの就活生は、自分にとって良いことは積極的に言おうとしますが、自分にとって都合の悪いことは自分から言おうとしない。

 

この部分を質問することで
・自己分析をしっかりと行っているか
・長所を仕事にどう活かせるか
・短所は仕事に支障がないか
等々を確認することで上記の確認だけでなく、論理性も確認できるからです。

 

多くのエントリーシート・面接カードを添削する中で、仕事に支障がある短所を書いている方が散見されます。
ここ・・・「地雷」のように突っ込むところなんです。

 

ある警察官を志望する方がいました。
・長所は、「集中して物事に取り組めることろ」
・短所は、「集中しすぎて時として周りがみえないところ」

 

どうでしょうか?

 

時として、周りが見えない警察官って・・・・
不安になりませんか?
何か問題を起こしそうな印章を与えますよね。

 

住民から
様々なことを言われる警察官として、突っ込まれるような回答をすることは、
⇒住民に対し、突っ込まれるような回答をしてうまく説得できないのではないか!!・・・と、仮説を面接官に与えます。

 

ここでは、
長所が行き過ぎて短所になるもので、支障がないものを選ぶのがベストですね。

  |