面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明

面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

・警察学校

警察学校は集団生活です。
・スマートフォン禁止
・法律の暗記
・体力錬成
等々、多くの志望者が思っている以上に警察学校は大変です。

 

 

・交番勤務

体力が必要な理由として、交番勤務では24時間、働き続けることもあるからです。
深夜、仮眠中に事故も多く発生します。
事故発生時には、交番勤務の警察官が現場にいち早く着いて、対応が求められます。
また、悪と対峙した際、筋力で負けてしまうと、取り逃がしてしまうためです。

面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

当然、体力検査にて、最低限の体力があるか確認されますが、警察学校入校までにさらなる体力錬成が必要ですね。

 

また、住民からの通報では、「正しいことを行っていない住民に対して注意する」仕事も多く、常に感謝される仕事ばかりではないことから、ストレスのかかる仕事も多いからです。

 

以上などから、
「大変な仕事だけど、やっていけるか?」をここで確認されていると判断します。

 

多くの受験者は、
だったら・・・「やっていける」と答えますね。


すると面接官は、
「なぜ、やっていけると断言できるのですか?」
「どのようなことが厳しいと考えていますか?」
「なぜ、その厳しいことを乗り越えれると言い切れるのですか?」
・・・
上記の質問が出された際に、どのように答えるのか?
難しいですね。
一緒に考えませんか!

 

面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

 

面接の練習をしたい方へ
面接1日特訓練習会

 

面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

 

面接質問の「警察官はつらいがやっていけるか」回答ヒント

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明

  |