グループディスカッション評価:コミュニケーション能力

適性検査集団討論面接カード面接対策

グループディスカッション評価:コミュニケーション能力

グループディスカッションの評価について

グループディスカッション評価:コミュニケーション能力

コミュニケーションスキル

小学校、中学校、高校、大学とテストで高得点を取るためには、「読む」「覚える」「書く」ことのレベルを上げるのが必要でした。

一方、ビジネスにて成果を出すためには、「聞いて」「話す」「まとめる」など、情報収集した事実や知識から問題解決策を提案したり、周りを説得することが多く求められます。

・独りよがりでないか
・相手の意見を尊重しているか
・聴く姿勢を持っているか
・ふてくされた表情で相手の話を聞いていないか
相手を説得したり、巻き込むためには、「早期に人間関係の構築」が必要です。
その「早期に人間関係の構築」に、コミュニケーションスキルが大きく影響を与えます。

この人間関係構築のコミュニケーション力には、①話す力②聴く力が必要です。
具体的に下記の要点を行動として行っているかどうかを見極めることで、このコミュニケーション能力のレベルを判断できます。

①話す力
・アイコンタクトを聴く人に示しているか
・聴く人全員の顔を見て、話しているか
・場合によっては、身振り手振りも必要ですね

②聴く力
・聴いている姿勢を出しているか
・頷いているか
・アイコンタクトをとって聴いているか
などの姿勢から、「聞く姿勢」を持っていると判断できます。

グループディスカッションで難しいのは、「聴く力」です。
その理由は、メモを取るために
・アイコンタクトができない
・頷くのを忘れてしまう
・下を向き、聴いている姿勢が出せない
などからです。

 

このコミュニケーション力発揮の練習を行いませんか!
1日グループディスカッション練習会を行っています。

 

ZOOM面接特訓練習会
1日約6時間かけて面接の練習を
面接カード添削に最適
やり直しきかない本番前に模擬面接を!

  |