集団討論コツ「プレゼンテーション」攻略法

集団討論コツ「プレゼンテーション」攻略法

公務員の集団討論では
最初に考える時間を与えられます。
民間企業では、ほとんど与えられないことから
考える時間を与えるのには理由があります。

民間企業では、「タイムイズマネー」
考える時間すら
もったいないです。

限られた時間の中で
どれだけのパフォーマンスを出せるのか?
見極めるためには
考える時間はなくてもOKです。

しかし、
公務員系の仕事は
「絶対に失敗が許されません」

ある程度の時間がかかっても
失敗しない・・完成度の高い意見を求めます。

この限られた5分という時間の中で
・どれだけ多くの結論を言えるのか
・根拠をしっかりと言えるのか
・具体例をしっかりと言えるのか
ここが
他の受験者と差別化できるところです。

この発言=プレゼンテーションを行うには、
少なからず練習が必要です。
なぜなら、簡潔に言うのには「コツ」があるからです。

最初の発表=プレゼンテーションにおいて
インパクトのある論理的な意見が出せれば
最初の第一印象は大きく上がります。

このプレゼンテーションに必要なのは
①簡潔で論理的な意見
②相手を説得する姿勢、話し方、しぐさ
等々です。

ここをしっかりと練習することで
面接官及び参加者メンバーに
「優秀だ!」というインパクトを出せます。

イメージしてください。
ダンスコンテストのオーディションに来た応募者
・自分のことしか考えていないダンス
・審査員がどこを見ているのかを意識して踊るダンス

この違いが
選ばれるかどうかの違いであることは
誰にも分ることだと思います。

集団討論でも同じです。
・自分のことしか考えていない発表
・面接官がどこを見ているのかを意識した発表​

点数の違いが生まれるのは当然です。

この発表時のプレゼンテーションを学びませんか!
こちらで集団討論練習会を行っています。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/2718

集団討論コツ「プレゼンテーション」攻略法

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme