警察官面接に落ちる人の特徴「がんばらない」

警察官面接に落ちる人の特徴「がんばらない」

警察官に必須なことは、「一生懸命がんばる」です。
抑止と検挙をコツコツと積み上げないと、安心安全な街作りはできません。
その、「一生懸命に頑張る人」を見極めるのがクレペリン検査です。

多くの方、小学生の時にやったことがあると思います。
なぜ、小学生の時にやるのかというと、「一生懸命頑張る性格」を持っているか確かめるためです。

このクレペリン検査の優れているところは、操作ができないことです。
多くの性格検査は、偽りの自分になって受けることも可能です。
クレペリン検査では、それが出来ません。

つまり、その人の多くの性格がクレペリン検査からわかります。

・素直かどうか
・慣れが速いか
・自主的か
・芯が強いか
・機転が利くか
・粘り強いか
・頑張りがきくか
・温和か
・一生懸命がんばるか
・気分の変化が大きくないか
・前向きか

どうですか!
全て、警察官に必要なことばかりですよね。

そうです。
警察官に向いているかどうかが分かります。

クレペリン検査を受けませんか!
警察官に向いている結果であれば・・・
警察官に向いていない結果であれば・・・

面接の印象が変わってきますね。

警察官面接対策セミナーでクレペリン検査を行っています。
クレペリン適性があるかどうか確認しませんか!
詳しい案内はこちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/2334

警察官面接に落ちる人の特徴「がんばらない」

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme