国税専門官の仕事

国税専門官の仕事

全国5万6000人の職員が
全国12の国税局と524の税務署で
国の財政基盤となる租税収入、申告納税制度を基本とし、
安定した租税収入を確保するべく働いています。

国税専門官には
・国税調査官
・国税徴収官
・国税査察官の3つがあります。

国税調査官の仕事は
納税義務者である個人や会社を訪れて
適正な申告が行われているかどうかの調査・検査を行うと共に
申告に関する指導を行います。

国税徴収官の仕事は、
定められた納期間までに納付されない税金の催促や滞納処分を行うと共に
納税に関する指導を行います。

国税査察官の仕事は、
裁判官から許可状を得て、
悪質な脱税の疑いがある者に対して、
捜査・差し押さえ等の強制調査を行い
不正が発見された場合、
刑事罰を与えるため告発します。

税務のスペシャリストである国税専門官に求められることは
・法律
・経済
・会計等の専門的な知識
また、大企業を調査する国税局調査部の場合
相手が経理・会計のプロであるため
更に深い知識が必要です。

他の能力として求められるのは
・対人折衝能力
・公平性
・問題発見能力
・分かりやすく伝える力等々

また、働く魅力として
・成果が国民のためになるやりがい
・不正を正した正義感の発揮

これまで、多くの方が
面接1日特訓練習会に参加し、
内定を獲得しました。

あなたも、面接スキルを磨き
対人折衝能力がある・・・とアピールしませんか!

内容や案内はこちらです。
https://resast.jp/page/event_series/5459

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme