集団討論勝つための3つのポイント その1

集団討論勝つための3つのポイント

社会人として活躍するために必要な要素として

ロバートカッツ博士は、下記の3つをあげています。

テクニカルスキルとは、「知識」のことです。

警察でも、消防でも、行政で働く公務員としても知識がないと、仕事ができません。

「警察官」

法の番人として、法律の知識がないと、抑止や検挙ができないと共に違反者に対し指導する際にも・・・納得させられる説明はできませんね。

「消防官」

消防として、消火に必要な知識や救急に必要な知識を持っていないければ、人の命を助けることはできませんね。

「行政公務員」

多くの人々の抱えている問題:少子高齢化、交通弱者、買い物弱者、医療弱者・・等の問題を解決するには、基本的な「知識」が無いと本質的な問題点抽出や解決策を出すことはできませんね。

 

これらの「知識」を持っているか??

を確認するには、それぞれ警察・消防・行政の抱えている問題についての集団討論お題を出し、発言させるのが最適ですね。

 

例えば、

警察の集団討論お題として

・警察が防犯カメラを設置することの是非とそれによって生じる課題の対応策を考えよ

・いじめ問題で学校に警察が介入したが、学校と警察はどう付き合い、協力していくべきか

・警察官になる良い人材を集めるにはどうすればよいか

消防官の集団討論お題として

・消防における指導とパワハラの違いについて

・集団生活で大切なこと

・大規模災害に備えて住民のやるべきこと

自治体の集団討論お題として

・災害対策として行政がすべきこと

・学校のいじめをなくすために行政ができることは何か

・公共マナーの現状と向上のための提案について

 

これらの「お題」に対し

発言をするためには、知識がないと、的確な発言はできませんね。

 

良い発言をするには、知識の習得が必要です。

 

集団討論を実際に行い、討論から知識の習得を行いませんか!

集団討論1日練習会の詳しくはこちら

https://www.reservestock.jp/page/event_series/2718

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme