特技から面接官が見極めていること

特技から面接官が見極めていること

多くの就活生から
「先生、なぜ特技を面接官は聞くのですか?」
という質問を受けます。

 

特技から見極めることが複数あります。

最初に「特技」の定義
特技を辞書で引くと、「特別な技能」と出ます。
次に「技能」を辞書で引くと
「あることを行うための技術的な能力」と出ます。
次に「技術的」を辞書で引くと、
「技術に関係するさま」
次に「技術」を辞書で引くと、
「 物事を取り扱ったり処理したりする際の方法や手段。また、それを行うわざ。」
以上を加味するとやはり「優れた技」ですね。

 

しかし、
多くの就活生が書いていることは・・・
特技:サッカー
サッカーのどのような技が優れているのか・・書かれていませんね。

つまり、説明力が弱い印象を受けます。

逆に「技として」
「ボールを落とさないリフティングを7時間できる」
これって!技ですよね。
→この方は、内定を獲得しています。

「キャベツの千切りができる」
「スキーを後ろ向きに滑り、初心者に教えることができる」
「どんな名店のラーメン屋でも、1か月で味を再現できる」
この方々も皆、内定を取っています。

面接官はこの特技に対し、
「なぜ、それをやろうと思ったのか」
「最初にどんな目標を立てたのか」
「どうすればできると思ったのか」
「一番の壁はどこか」
「その壁をどう乗り越えたのか」
等の質問を繰り返します。
・大目標を達成するために小目標をどのくらいの頻度で立てたのか?
・PDCAサイクルをどう回したのか?
突っ込もうと思えば、
優秀な人材が持つ「PDCAサイクルというコンピテンシー」を確認できます。

 

 

特技に
こちらが期待することを書いてくれるのか?

ここから
「面接官の求める事を的を得て回答している」
「技として分かりやすい」⇒説明力が高い
等々の判断ができます。

 

 

特技は、基本的に
いやいやながらやり続けることで
出来るようになったことではありません。

↓ ↓ ↓

主体的に取り組むことが多いので、
主体性もアピールできます。

 

 

また、
粘り強く訓練や練習を行わないと・・
出来ないことが多いので、
「粘り強さ」もアピールできます。

 

この特技を達成するためには、
①高い目標を持つ
②高い目標に対し、現状のギャップを明確にし
小さな目標を立てながら大目標に向かって行動できる

等々

優秀な人材が持つ資質が多く含まれます。

 

多くの優秀な人材を接して分かったのは、
・多くの役員
・多くの優秀な人材
等々、優秀な人の多くは「特技」を持っています。

 

この「特技」を持っていることが
優秀か?そうでないか?を見極めるコンピテンシーになります。

 

抽象的な特技はダメです。
例えば、
特技:オーボエ
これを読んでも・・・何が特別な技なのか????
分かりませんね。
↓ ↓ ↓
ここから、独りよがりで説明力が弱い・・
という印象を受けます。

 

あなたの「特技」は、何ですか?

 

この特技!
一緒に作りませんか?

学生の場合、
平日に多く開催される「面接1日特訓」がおススメです。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/5459

社会人の場合、全国からスカイプで受講できる
50分個人レッスン
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084
1時間20分個人レッスン
https://www.reservestock.jp/page/event_series/4859
プレゼンテーション面接1時間20分個人レッスン
https://www.reservestock.jp/page/event_series/2719
がおススメです。

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme