内田クレペリン検査でわかること。

内田クレペリン検査

pic_g029

以下、内田クレペリン検査ウエブより

 

内田クレペリン検査では2つの側面が分かるようになっています。

クレペリン
受検者が与えられた作業をどれだけ早く処理できるか、能力を抽出でき、

 

性格も知ることができます。

「性格・行動面の特徴」は、性格やパーソナリティといわれる部分を形成する大きな要素を抽出できます。

内田クレペリン検査では性格・行動面の特徴を3つの側面から把握します。

発動性:ものごとへの取りかかり、滑り出しの良し悪し

可変性:ものごとを進めるにあたっての気分や行動の変化の大小

亢進性:ものごとを進めていく上での強さや勢いの強弱

  長所 短所
発動性 過度 気軽、素直、慣れが早い 軽はずみ、先走り、気疲れ
  不足 自主的、芯が強い、手堅い 我が強い、選り好み、内にこもる
可変性 過度 柔軟、機転がきく、勝ち気 動揺しがち、むら気、感情的
  不足 地道、安定、粘り強い 融通に乏しい、くどい、機転がきかない
亢進性 過度 強気、行動的、頑張りがきく 強引、無理をしがち、むきになる
  不足 温和、控えめ、穏やか 受動的、妥協しやすい、持久性に乏しい

 

主に、2つのグラフの形から長所・短所を抽出します。

私も大学生のときに実施した覚えがありますが、2つのグラフを並べたときに

「W」の形になったのを覚えています。

 

この結果で性格が分かるのは驚きです。

 

 クレペリン検査をやってみたい方へ 

 性格検査の診断をしたい方へ 

 詳しくはこちらへ 

http://www.reservestock.jp/page/event_series/2334

 

人気記事

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

お礼a_btn045
 
 
やるか!やらないか!

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme