ビジネスに必要な「共感力」⇒面接でどうやって見極める?

ビジネスに必要な「共感力」

ある女性の方の記事を読みました。

女性にとって、家に帰ったら「化粧を落として寝る」

これは、男性には分かりませんね。

大変なことです。

 

こういうことは多いと思います。

コンタクトレンズを使用している方にとってみれば、

外したり、つけたり、洗浄したり、使い捨てを購入したり、

普通の事ですが、使用していない人にしてみれば、面倒くささも分かりません。

 

この女性の話では、

新しい洗顔料を買いに行った際、購入の基準にしたのは、

①手間がかからない

②前の洗顔料より汚れが落ちる

③洗った後の乾燥が防げる

でしたが、販売員に伝えたのは、②と③だけだったそうです。

 

それは、「洗顔料を泡立てるのが面倒くさい」とは恥ずかしくて言えなかったからです。

 

でも、販売員が勧めてくれたのは、

容器をプッシュするだけで泡となって出てくる洗顔料でした。

ではなぜ②と③しか言えなかったのに、販売員は①を叶えてくれる商品を勧めてくれたのでしょう?

 

購入した女性は、販売員に聞いてみました。

「なぜ、私の望んでいる商品を勧めてくれたのですか?」

販売員は、女性との会話の中から

・仕事が忙しくてゆっくりと風呂に入っていられない

・夜はへとへと

・時には化粧をしたまま寝てしまうこともある

この会話の中から販売員は、

本当のニーズ=手間をかけずに洗顔をしたい

を読み取り、商品を勧めてくれていました。

 

ここには「共感力」があります。

 

多くの場合、購入の真の理由を恥ずかしくて言えない場合もあります。

お客様との会話から「真のニーズ」をくみ取る能力=共感力です。

 

「共感力」は、相手の立場になって考える事により、
 生まれてきます。

 

「家に帰ったらすぐに化粧を落としたい」という会話から・・・

⇒私もそう思う。

⇒面倒くさいのよね。

⇒何が面倒くさいかって?

⇒泡立てるのが面倒くさいのよね。

⇒すぐに泡になる洗顔料ってなかったかしら?

⇒この商品なら②と③もクリアできそうね。

⇒この商品を提案してみよう。

 

相手の立場になることによって、相手の求めている商品を提案できます。

 

面接において「相手の立場に立つ」とは?

面接官の意図を知ることです。

・面接官は何を意図してこの質問をしたのだろう?

的を得た回答をすることが、一つの「共感力」の発揮になります。

販売員が「共感力」を持たなく、ある商品だけを勧めていても

購入者は共感できません。

 

 

面接官が意図を持ち、質問をしているのに、

自分の自己アピールにすり替え回答を行う・・・・共感できません。

面接においては、「面接官の視点」を持つことで「共感力」を養えます。

 

あなたの共感力が面接官に供してもらえるのか

模擬面接を通して確認しませんか

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084

 

お礼a_btn045
 

人気記事

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

【模擬面接で気になったこと】

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme