面接スキルの「真の問題点」特定に向けて

面接スキルの「真の問題点」特定に向けて

 

面接スキルの「真の問題点」特定に向けて

今やっていることが

・正しいのか

・正しくないのか

 

うまくいかないのには原因があります。

ひょっとしたら「思い込みが強いこと」が原因かもしれません。

 

面接官質問の意図を汲み取らず、的を得ていない回答をしている場合も多くあります。

 

その場で考えることができないと、事前に準備した回答を答えようとします。

その結果、準備した回答が少ないと無理にその準備した回答にもって行きます。

ここでは、 質問の意図と外れた回答が行われます。

 

1回だけではなく数回、意図を汲み取っていない回答が続くと
・「的を得た回答ができない人材」

・「質問に答えられない人材」と見られてしまいます。

 

本人に悪気はなく、指摘されない限り自分で気づくこともありません。

  |