効果的な転職活動②

効果的な転職活動②

効果的な転職活動を始める前に

一般的に人は、1万時間の訓練を重ねるとプロになると言われています。 1万時間とは、年間2000時間働いて約5年です。 一昔前は、5年で一人前と言われていました。 今は違います。   3年でプロになることを企業は期待しています。 また、3年でプロになれる人材を採用しようと思っています。 中途では、入社3年経過した応募者を「その道のプロ」と見ています。 企業が中途採用を行う目的は、即戦力の人材が欲しいからです。 ・事業が拡大する ・退職予定社員がいる ・欠員が出た 採用したら、数日間の研修後 独り立ちして仕事を行ってほしいと思っています。 その期待に応えるには、カタログとも言える「履歴書・職務経歴書」に「できること」を しっかりと盛り込みアピールしなくてはいけません。   プロフィールは「会ってみたい」と思わせる内容でなくてはいけません。 ここに戦略が必要であり、戦術が必要です。   どうすれば、採用担当者が共感する「会いたいと思わせる職務経歴書・履歴書」が作れるのか? それは、元採用担当者の添削を受ければいいのです。   まだ、重要なポイントがあります。 応募者がルートセールス(人間関係を築いて営業を行う)が得意でも、 企業が飛び込みセールス(新規開拓)営業マンを必要としていれば、 アピールする内容は違ってきます。   自己PRは、応募する企業に合わせて作成してください。  

ヒント・コツを目次でまとめました。

面接質問集 集団討論テーマ 警察官 模擬面接練習・集団討論練習・面接カード添削等を実施

 

  |