大学職員に求められる能力

大学職員に求められる能力について

大学は、変わろうとしています。

 

変わらないと生き残れない時代になってきています。

 

大学職員に求められる能力の一番は、「変革と革新」

二番目は、「戦略思考」だと感じています。

 

企業・学校法人が大学生に求める能力は変わりつつあります。

以前は、「主体的行動力」「粘り強さ」を持っていれば内定を獲得できました。

 

今は、持っていて当然の能力です。

 

これらの能力を持っている上で、

・「大学はどうあるべきか?」を考えることができる「戦略的な思考」が求められ、

・「あるべき姿」になるために「何をすべきか?」

変革と革新的思考を持ち、行動できる人材が求められています。

 

「職員、個々の卓越した能力」が強い大学を作っていくと考えられます。

 

平均的な能力も持ち合わせている職員の集団よりも

「ひとつだけは誰にも負けない能力がある」職員集団の方が競争力を持てます。

 

大学職員を希望しているのであれば、

「10年後に競争力を持つ大学になるためには、何が必要なのか?」

「そのためには、職員はどんな能力が必要なのか?」

「あなたは、その能力の何を持っていますか?」

に答えてください。

 

大学職員向けの次の記事はこちら

国立大学法人とは?
【面接回答ヒント】志望動機
【面接回答ヒント】論理的な回答の仕方
【面接回答ヒント】「第一印象」の作り方
【面接回答ヒント】自己PR

 

次によく読まれている記事

大学職員採用面接で落ちる人の特徴3つ

  |