あなたの「強み」は何ですか?

あなたの「強み」は何ですか?

pic_g036

企業にアピールすべきこと

企業側が選考時に確認したいこと

面接、グループディスカッションで企業が確認したいのは

・コミュニケーション能力

 

面接において確認が難しいのは、

・主体性

・協調性

・チャレンジ精神

・誠実性

これらは、過去の経験から確認するしかありません。

 

 

そして、就活生がアピールしているのは、

何かギャップを感じませんか?

それは、

「粘り強い」

「計画性」

「積極性」

「積極性」は、持っていて当然の能力だと企業は思っています。

 

その部分にズレが生じています。

 

模擬面接を行っていると、

「強み」として「粘り強い」を半数以上の応募者がアピールします。

 

採用担当者が期待する「本当にアピールして欲しい人材」は、

・主体的な行動を起こすことができる人

・PDCAサイクルを回している人

・自己スキルだけでは、成果は残せないので

 ここを「コミュニケーションスキル」を活用し、

 人間関係の影響の輪を広げている人

 

 

大きな成果でなくていいんです。

新卒はポテンシャル採用なので、・・・・・。

その思考、行動のポテンシャルをもっていれば十分です。

 

中途応募者から抽出した「強み」の例

・仲介力

・予算管理能力

・創造的行動力

 

新卒応募者から抽出した「強み」

・知的好奇心

・状況判断力

・仮説・検証思考

これらは、自己分析をやり直すことから抽出できました。

 

この「強み」を抽出できた方も

ほとんどが最初「粘り強い」をアピールしていました。

 

この「粘り強い」では、埋もれてしまいます。

 

埋もれないようにする必要があります。

 ⇒関心を持ってもらう必要があります。

  ⇒会って確認したいと思わせる

    ⇒戦略的な言葉を選ぶ必要があります。

 

埋もれないようにするためです。

 

エントリーシート、職務経歴書はカタログです。

カタログにお客様の欲しがっている情報を載せないと

見向きもされません。

 

エントリーシート、職務経歴書をマンツーマンにて添削

元採用担当者が共感できるものにマンツーマンで修正

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084

 

人気記事

【面接のあがり症について】

【客観的なフィードバックの重要性】

【面接質問の意図は?】

【人間はロジックだけで動いているわけではない】

 

お礼a_btn045

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme