警察官面接ポイント

警察官面接ポイント

 

これまで、全国の県警、警視庁に多くに人材を「内定合格」という形で輩出してきました。

警察官:街を守る警察のバイク部隊

一つ言えることは
「台本のように暗記した回答をすると駄目」

 

マニュアル通りにいかない警察官の仕事において
台本の回答しかできないということは・・・
・・・決められたことしかできない
・・・状況に応じて対応できない
・・・考えて行動できない・・・
等々と面接官は考えてしまいます。

 

そうはいっても、事前に回答を考えておかなければ、すぐに答えられないことも多いです。

 

やるべきこととして、ノートに回答をまとめている場合は、回答がまとまったら、
破って捨ててください。

 

捨てることで、ノートに頼らなくなります。

 

捨てることで、暗記がなくなります。

 

捨てることで、臨機応変な回答が出来るようになります。

 

これから警察官を受ける方は、模擬面接を通して回答力を鍛えてください。

 

また、同じ人から面接を受けると、その面接官の質問傾向には対応できるようになります。
全く違う観点から質問が出た際、答えられなくなりますので、多くの人から面接を受けるようにしてくださいね。

 

多くの警察官志望の方が自分の「夢」を実現できるよう、お手伝いを
これからもやっていきます。

 

伊藤内定ゼミ 公務員内定

 

 

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明



 合格内定

  |