面接質問の「チャレンジした経験を教えてください。」回答ヒント

面接質問の「チャレンジした経験を教えてください。」回答ヒント

面接質問の「チャレンジした経験を教えてください。」回答ヒント

人事として、過去
目標設定会議、評価会議に出席して
公平な評価が行われているのか
オブザーバーとして出席していました。

 

組織から標準的な目標が提示されたとき、
①【優秀な人材】
あえて、その目標を超える難易度の高い目標を立て
その目標を乗り越えるために
試行錯誤しながら、新しい能力開発につなげようとします。

②【優秀ではない人材】
自分の身を守るため、難易度の低い目標を立て
自分自身の成長につなげるより
評価を取ろうとします。

 

目の前の評価に関しては
②の方が高評価を得るかもしれませんが
長期的にみると
①の方の方が、
成長につなげる能力開発をしているため
より大きな結果を出せるようになります。

 

この「チャレンジ精神」があるかどうかを確認するために、面接受験者から、過去のチャレンジエピソードを確認します。

 

自分に甘い人
自分に厳しい人

 

あなたは、どちらでしょうか??

 

個人的な見解ですが、
自分が自ら立てた目標に「チャレンジ精神」発揮が多いと感じています。

 

多くの就活生が書いているエピソード
必要なのは、
「与えられた目標ではなく、自ら立てた高い目標である」

 

その自ら立てた目標であることをエピソード内に
証明として書くためには、
「その目標を立てた根拠」が必要です。

 

あなたのエピソード
・「自ら立てた目標である」と記入していますか?
・その目標を立てた根拠を記入していますか?
・また、客観的評価のため数字の目標を立てていますか?

 

多くの採用担当者は、
エピソードから【活躍する能力があるか】を
見極めています。

 

その【活躍する能力】のひとつが「チャレンジ精神」です。

 

この能力証明できるエピソードを最初から一緒に作りませんか!
現役大学講師で元採用担当者がゼロベースから作っていきます。
1日で面接カード完成添削会

 

面接質問の「チャレンジした経験を教えてください。」回答ヒント

大学講師から1時間20分個人レッスン
1回きりの本番で失敗したくない人向け
回答を徹底的に納得できるものに添削

  |