面接質問の「あなたの「強み」は何ですか?」回答ヒント

面接質問の「あなたの「強み」は何ですか?」回答ヒント

 

企業にアピールすべきことは、企業側が選考時に確認したいことです。

 

面接、グループディスカッションで企業が確認したいのは

・コミュニケーション能力

 

面接において確認が難しいのは、

・主体性

・協調性

・チャレンジ精神

・誠実性

これらは、過去の経験から確認するしかありません。

 

 

そして、就活生がアピール多くのことは、エピソードの経験・・
自慢話を確認したいのではなく、そのエピソード内の行動に寄与した「能力」「思考プロセス」です。

 

自己PRを確認していて、アピールが弱い例として

アピールポイントが、抽象的なポイントが挙げられます。

「粘り強い」

「計画性」

「積極性」

「積極性」は、持っていて当然の能力だと企業は思っています。

 

具体的にどんな「粘り強さ」なのか?
トンチンカンなことを「粘り強く」行動しても、結果が出るとは限りません。

 

模擬面接を行っていると、

「強み」として「粘り強い」を多くの応募者がアピールします。

 

採用担当者が期待する「本当にアピールして欲しい人材」は、

・主体的な行動を起こすことができる人

・PDCAサイクルを回している人

・自己スキルだけでは、成果は残せないので

 ここを「コミュニケーションスキル」を活用し、

 人間関係の影響の輪を広げている人
・・・・・
もう少し、他の人にはできない尖った強みを期待しています。

 

 

大きな成果でなくていいんです。

新卒はポテンシャル採用なので、・・・・・。

その思考、行動のポテンシャルをもっていれば十分です。

 

中途応募者から抽出した「強み」の例

・仲介力

・予算管理能力

・創造的行動力

 

新卒応募者から抽出した「強み」

・知的好奇心

・状況判断力

・仮説・検証思考

これらは、自己分析をやり直すことから抽出できました。

 

他の受験者と差別化するためにも、埋もれないようにする必要があります。

 ⇒関心を持ってもらう必要があります。

  ⇒会って確認したいと思わせる

    ⇒戦略的な言葉を選ぶ必要があります。

 

 

エントリーシート、職務経歴書はカタログです。

カタログにお客様の欲しがっている情報を載せないと

見向きもされません。

 

元採用担当者が1日かけて面接回答を
面接官が納得する内容に添削します。

面接1日特訓練習会

 

 

集団討論面接カード面接対策



 合格内定

  |