集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点②

「集団面接」で採用担当者が見極めようとしていること

集団面接の採用担当者側の視点
メリット
・積極性
・聴く姿勢

でしたね。

つまり、やるべきこととして


①挙手性の質問に対して、1番で答える
 この対策は、過去、どのような質問が多かったのか??
 ここを分析すれば、対策をとることは十分に可能です。

 

<<例>>ある自治体の集団面接質問
・ウチの自治体の問題点は何か?
・その問題点をあなたが解決するとしたらどうするか?
・あなたを動物に例えるとしたら何か?
 なぜ、その動物を選んだのか?

<<例>>民間企業
・あなたにとって「仕事」とは?
・5年後、ウチの業界では何が売れると考えるか?
・5Gが国内で一般化した際の一番の変化は何だと思うか?

 

少し、傾向と対策が異なりますね。
1番で答えるということは、
・頭の回転が速い
という能力アピールにもつながります。

ぜひ、面接1日特訓練習会を受けてください。
過去、8年間の受講者から集めた過去の質問を中心に、対策を取ります。
レスポンスが必要なため、回答方法のコツもお伝えします。

 

②常に笑顔を出す

 集団面接時に見極めることの一つに「一緒に働きたいか=相性」があります。
 ふてくされた顔をした方と一緒に働くより、常に笑顔の方の方と一緒に働きたいと多くの方は思います。

 

独りよがりの人は、他の方が答えているときに、自分のことしか考えていないため
・そっぽを向いていたり
・素の表情が出てしまう
・緊張した表情を出してしまう
等々、「一緒に働きたい」と思う相性において、あまり良い印象を与えません。

 

面接1日特訓練習会、個人模擬面接では、面接の態度・表情・しぐさを動画で撮影し、改善練習を繰り返しています。
1日で改善ができる面接1日特訓練習会がおススメです。

 

上記の2つを中心に、対策をとってくださいね。

 

次の記事

集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点③
集団面接と集団討論、個人面接の違い:受験者視点④

ウエブ面接対策

  |