愛知県庁 面接質問

愛知県庁 面接質問
愛知県庁 面接質問

 

面接カードを事前添削するのをオススメします。
その理由は、追加の質問を誘導できるからです。
面接カードに県庁に必要な能力を盛り込みます。

1時間20分の個人レッスンは、こちら

 

愛知県庁では、1日に2回の面接が多いです。


1回目に多い質問

アイスブレイクの質問が複数
 待合室で何を考えていたか
 朝食は何を食べたか
 昨夜は何時に寝たか

志望動機を教えてください。

・面接の練習はしたか。

・なぜ、市役所ではなく、県庁を志望するのか。

やりたい仕事は何か。

他に興味のある仕事は何か。

・その仕事をやりたいと思ったきっかけはあるか。

最近、気になったNEWSは何か。

・なぜ、それが気になったのか。

大学時代に頑張ったことを教えてください。

どのような性格が公務員に向いているか。

・初対面の方とのコミュニケーションの取り方について。

・理想の愛知県職員像は。

併願状況は。

・なぜ、県庁が第一志望か。
等々

 

 

 

2回目に多い質問

・1回目の面接の出来は。

志望動機

なぜ、愛知県庁なのか。

愛知県庁でやりたい仕事は何か。

・そのやりたい仕事は、市でもできるのでは。

・学部学科で学んだことで、行政に活かせることは。

苦手なタイプの人は。

・ストレス耐性について。

今までで一番つらかったことは。

 楽しかったこと、嬉しかったこと、やりがいを感じたことなど

最近の関心NEWS

・時事案件に関しての考えを問う質問

・相性が合う人、合わない人について

 

時間をかけて、人物をしっかりと見極めているようです。
面接カード内容について、どんな質問が来ても回答できるような準備が必要ですね。

 

面接カード内容も重要な要素です。
面接カード完成度が低い場合には、「文章を書くのが苦手・・・」かもしれないと仮説を立てることがあります。
・要点がよく分からない
・結論がよく分からない
・意図を汲んだ文章が書けていない
・書き言葉で書いている
・・・・

面接カードの完成度が高ければ、
・要点がまとまっている
・論理的に分かりやすい
・こちらの意図を汲んで書いている
・話し言葉と書き言葉を理解して、書ききれている

・・・・

県庁では、文章を書くことが多いです。
面接カードの完成度を上げましょう。
面接カード内容から質問されることが多いので、完成度を上げることが面接を楽にします。

1時間20分個人面接対策はこちら

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明



 合格内定

  |