神奈川県庁 採用面接質問 グループワーク対策

神奈川県庁職員 採用試験の面接質問対策とグループワーク対策をまとめました。

直近の選考をまとめていますが、年度によって変わりますので最新の情報をご確認ください。

 

伊藤内定ゼミ 公務員内定

神奈川県庁の選考

神奈川県庁採用試験

1次試験

・教養試験
・専門試験
・(自己PRシート)

2次試験

・小論文
・グループワーク
・個別面接2回

 

小論文

厚生労働省が実施した「平成 28 年国民生活基礎調査」によると、我が国
の子どもの貧困率※は 13.9%(約7人に1人)となっており、先進国の中で
も高い水準にある。特に子どもがいる現役世帯(世帯主が 18 歳以上 65 歳未
満の世帯)のうち、大人が一人の世帯の貧困率は 50%を超えている。こうし
た状況の要因について考察し、それに対するあなたの考えを論じなさい。
※子どもの貧困率:17 歳以下の子ども全体に占める、貧困線(等価可処分所得の中央値の半分の
額)に満たない 17 歳以下の子どもの割合。 

 

広域な時事についての知識が不足していると、評価の高い小論文は書けそうにないですね。

時事についての勉強が必要ですね。

 

グループワークについて

過去のお題

「暮らしの満足度を上げるために必要なことは何か、グループで3点挙げ、優先順位をつけた上で、その理由について説明しなさい。 」

過去のお題傾向として、「結論を3点あげ、優先順位を解決策を考える」タイプが多いようです。

 

昨年も、集団討論1日練習会を受講して、3つのフレームワークでまとめる練習から、本番で優先順位をつけてフレームにまとめた結果、内定を獲得した伊藤内定ゼミ受講生がいました。

 

最初に「集団討論目次」で勉強してくださいね。

 

勉強が終わりましたら、定期的に横浜でグループワーク練習会を行います。
こちらを参考にしてください。

集団討論1日練習会 2日目無料

 

面接カード
自己紹介書

・①人生で最も力をいれて取り組んだことや根類をもって取り組んだこと
・②自分自身で直したいと感じている点

・学歴
・職歴
・資格、免許
・受験動機
・やってみたい仕事
・長所、短所
・併願先
・卒業論文、ゼミのテーマ
・クラブ、サークル活動
・趣味、特技

 

個別面接1回目

・①人生で最も力をいれて取り組んだことや根類をもって取り組んだこと
 ⇒コンピテンシー面接
・②自分自身で直したいと感じている点
 ⇒コンピテンシー面接

・長所について深掘り
・短所について深掘り

 

1回目の個別面接は、自己紹介書の①、②のエピソードについてのコンピテンシー面接が中心のようです。

 

つまり、自己紹介書の完成度を上げておかないと・・・
突っ込みどころ満載になります。

できれば、自己紹介書提出前には、添削を受けてくださいね。
昨年の内定者も添削を受けています。

 

自己紹介書1日添削完成会
1日で面接カード完成添削会

 

 

2回目個別面接

下記クリックで回答ヒント

・グループワークはどうだったか

なぜ、神奈川県県庁で働きたいのですか?

自己PR(強みを活かして何ができるか)

何がやりたいですか?

頑張った経験

長所、短所

併願状況

なぜ、公務員として働きたいか?

・なぜ、県庁なのか?

・市役所ではだめなのか?

県庁で何をやりたいか?

・なぜ、その仕事を行いたいか?

・その仕事に就けなかったどうするか??

・大学で学んだことで、その仕事に活かせることは何か?

・卒業論文の内容は?

・なぜ、そのお題にしたのか?

 内容と結論に達した論点を述べよ。

・長所は何か?

・その長所を活かすと県庁で何ができるか?

短所は何か?

・その短所は、仕事に支障はないか?

・その短所が出ないようにどんなことを注意しているか?

・どんな時にストレスを感じるか?

・ストレス解消方法は?

・趣味、特技について

クラブ、部活動(コンピテンシー面接)

・県の施策でやってみたいことは

・なぜ、公務員なのか

・県庁に来たことはあるか
その印象は

・県のホームページは見たか
その印象は

 

2回目の面接も面接カードに沿った内容が多いようです。
上記質問をクリックすると回答のアドバイスが出ます。

 

 

次に読まれている記事はこちら

【面接回答ヒント】志望動機
【面接回答ヒント】論理的な回答の仕方
【面接回答ヒント】「第一印象」の作り方
【面接回答ヒント】自己PR
【面接回答ヒント】どの部署で働きたいですか?

 

面接カードの完成度を上げて、面接を楽にしませんか!
鉄板質問の回答を添削1日練習会
スカイプを用い、全国から受講可能
1日に5回模擬面接行う面接1日特訓練習会

 

伊藤内定ゼミ 公務員内定

 

多くの内定者から報告をいただいています。

  |