なぜ企業研究が必要なのか?

なぜ企業研究が必要なのか?

自分に合わない仕事に就くのは、大変ですね。

 

<例>
一つのことを「コツコツ」と行うのが得意な方は、
✖️「初めて会う人に営業を行う」仕事でなく
⚪︎「職人のような技を生かす仕事」
⚪︎「研究職のようにコツコツとやる仕事」

 

向いていない仕事
向いている仕事
少し、違いますね。

 

「やりたいこと」
「企業が求めていること」
「自分のできること」

 

この3つが重なるのが「天職」です。

 

「自己分析」をしっかりと行えば、
「やりたいこと」
「自分のできること」
が明確になります。

 

「企業研究」が
「企業が求めていること」を知る
アクションになりますね。

 


また、「企業研究」をしっかりと行えば、
志望している企業に「入社したい」という
「情熱」のアピールにもなります。

 
第一志望で働きたいと思ったらとことん企業研究を行いますね。

 
企業視点から考えると
「第一志望なのか?」
「それ以外なのか?」
を見極めるには
どれだけ企業研究を行っているか確認すればいいのです。

 
なぜ、企業は「第一志望」と確認したいのか?
それは、新卒入社3年以内に早期退職する人が
3割を超え、その期間の投資が損失になってしまうからです。

 

 

早期退職する方の理由として
「希望の職種でなかった」
「やりたいことができなかった」
「思った仕事ではなかった」
・・・・

 

入社して
「やりたい仕事ではない」・・と感じると
「やっぱり別の会社にすればよかった」
「今なら、間に合うかも・・」

 

このミスマッチは
企業側にも
社員側にも
残念な結果になってしまいます。

 
このリスクを回避するには、
「どうしても入社してこの企業で働きたい・・・」という「情熱」を
企業は確認する必要があります。
 
 
第一志望なら
・「仕事内容知っていますよね」
・「キャリアについて知っていますよね」
と採用担当者は思います。

この「情熱」をアピールしミスマッチを防ぐには、深い企業研究が必要ですね。

集団討論面接カード面接対策



 合格内定

  |